Cohere、企業ワークロード向けLLM「Command R」のファインチューニング機能を提供開始長いコンテキストのタスクや大規模な本番ワークロードに最適化されたLLM

Cohereは、2024年3月に発表したエンタープライズワークロード向け大規模言語モデル「Command R」のファインチューニング機能を提供開始した。

» 2024年05月16日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Cohereは2024年5月9日(米国時間)、同年3月に発表した大規模言語モデル(LLM)「Command R」のファインチューニング機能を提供開始したと発表した。

 Command Rは、エンタープライズグレードのワークロード向けのスケーラブルなLLMだ。CohereはRシリーズのLLMとしてCommand Rと、より大規模で強力な「Command R+」(同年4月に発表)をラインアップしている。

 ファインチューニング機能を利用することで、企業はCommand Rに自社固有の用語や文言、ドキュメントを取り込み、自社のニーズに合わせて高度にカスタマイズしたモデルを作成できる。

 管理されたファインチューニング機能をCommand Rで実行することで、パフォーマンスをさらに向上させ、市場に出回っているLLMと比べて、わずかなコストで高い成果を得ることができると、Cohereは述べている。顧客は最大5つのハイパーパラメーターを調整でき、モデルのパフォーマンスを効率的に最適化しながら、より大規模な他モデルと比べコストを15分の1まで抑えることができるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。