人材は育てるものか、自ら育つものか パーソルキャリアが人材育成の意識調査を発表過半数が「上司にはハッキリとフィードバックを伝えてほしい」と回答

パーソルキャリアは「2024年 人材育成の意識調査」の結果を発表した。人材は「自分で成長していくもの」と考えている人が過半数を占めており、上司からのフィードバックについて「ハッキリ言われたい」と回答した人は76.0%に上った。

» 2024年05月20日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 パーソルキャリアは2024年5月13日、「2024年 人材育成の意識調査」の結果を発表した。この調査は、パーソルキャリアが運営する「JobQ Town」に登録している社会人を対象に、自身の成長に関する価値観や職場での育成環境について調査したもの。516人から有効回答を得た。

61.3%が「上司からのフィードバックに満足している」

 人材の育ち方について見ると「断然“自分で成長していくもの”」と回答した人の割合が10.3%、「“自分で成長していくもの”」が18.4%、「どちらかといえば“自分で成長していくもの”」が23.8%で、人材は「自分で成長していくもの」と考えている人が52.5%を占めた。年代別に「自分で成長していくもの」と考えている人の割合を見ると、40歳代が62.6%で最も高く、次いで30歳代が54.9%、50歳代が48.2%、20歳代が42.8%だった。

画像 人材育成に関する考え方(提供:パーソルキャリア

 現在の職場に人を育てる環境が「あると思う」と回答した人の割合は60.5%。その場面では、「研修や制度が充実している」(51.6%、複数回答)、「上司から適切なフィードバックがある」(42.3%)、「技術的なスキルの習得」(34.9%)が上位に挙がった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。