AI導入プロジェクトや新規事業創出を疑似体験できる教材 経済産業省が提供開始「課題設定から解決方法の提案までの流れで学べる」という声も

経済産業省は、「デジタル推進人材の育成のためのデータ付きケーススタディー教材」の提供を開始した。実践的なスキルを持つ人材の育成を目的としたもので、実際の企業のAI実装を疑似体験学習できるという。

» 2024年04月24日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 経済産業省は2024年4月23日、「デジタル推進人材の育成のためのデータ付きケーススタディー教材」の提供を開始した。実践的なスキルを持つ人材の育成を目的としたもので、「実際の企業のAI実装を疑似体験学習できる」としている。

画像 教材の概要(提供:経済産業省

「AI」「DX」「組織変革」に対応

 データ付きケーススタディー教材は、経済産業省がデジタル推進人材育成プログラム「マナビDX Quest」に向けて作成したもの。これまで提供されていた「AI導入プロジェクトを一気通貫で疑似体験」と「データドリブンなDX推進を一気通貫で疑似体験」に加えて、新たに「新規事業創出・組織変革の疑似体験」を利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。