AIチップセットの出荷が2030年に13億個到達へ、AIアプリはハードウェアの価値をどう変えるのか ABI Research予測スマートフォン、PCなどのオンデバイスAI普及が鍵に

ABI Researchは、AIチップセットの出荷が2030年に13億個に達すると予測した。本記事では同社が予測したAIチップセットの今後について紹介する。

» 2024年05月29日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ABI Researchは2024年5月7日(米国時間)、AI(人工知能)チップセットの出荷が2030年に13億個に達するとの予測を発表した。

 予測によると、スマートフォンやPCのベンダーは、オンデバイスの生成AIに重点を移しているという。ABI Researchは「ベンダーは、これまでクラウドに限られていた推論ワークロードの処理を、ローカルで実行できるチップセットに多大なリソースを投入している」と述べている。

 これにより、スマートフォン、PC産業におけるAIチップセットの出荷と収益の成長が見込まれ、タブレットやゲーム機にも拡大し、2030年には13億台以上の出荷に達するという。

AIシステムへの期待は高まる一方で、現在は初期段階にとどまる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。