特集:2022年、SD-WANとゼロトラストネットワーキングの進化

SD-WANとデータセンターのゼロトラストネットワーキング(マイクロセグメンテーション)。アプローチは若干異なるが、いずれもソフトウェア化(サービス化)によって、ネットワーキングの機動性、柔軟性、制御性といったメリットを生み出している。本特集では、これらの技術はどう進化しているのか2022年最新動向を追う。

TopStory

SD-WANとクラウドネットワーキングの進化(1):

日本に入ってきてから8年近くになるSD-WAN。クラウド利用が本格化するいま、どのような意味を持つのでしょうか。あらためて基礎から解説し、その本質を探ります。

(2022年6月3日)

特集記事 -PR-

これからの企業ネットワークの在り方とは

大企業から中堅中小企業まで期待が高まるSD-WANをビジネスでどう活用すべきか。また、高度化するサイバー攻撃への対応とDXの推進を両立させるにはデータセンターで何をすべきか。次世代ネットワークの姿を示す。

(2022年6月6日)

関連記事

Gartner Insights Pickup(242):

ネットワークアーキテクチャの変化に伴い、ネットワークセキュリティには、信頼性の高い定番技術と新技術を組み合わせた新しいアプローチが求められている。

(2022年1月28日)
働き方改革時代の「ゼロトラスト」セキュリティ(15):

デジタルトラストを実現するための新たな情報セキュリティの在り方についてお届けする連載。今回は、ゼロトラストにおけるネットワークセキュリティについて解説する。

(2021年10月21日)
特集:ゼロトラスト/SASEが問うIT部門の役割(2):

旧来型のWANアーキテクチャをクラウド中心に再構築する。老舗メーカーのライオンで同プロジェクトの準備を始めた矢先、世界中を襲ったのが新型コロナウイルス感染症のまん延だ。感染対策の一環で社員の多くが在宅勤務に移行する中、新しい働き方と現行のWANアーキテクチャの間でますます広がる“ズレ”。急きょリモートワーク環境を整えながら、前倒しで次期ネットワーク構築を進めることとなったライオン。その一部始終を、「@IT NetworkWeek 2021」の特別講演「SASEをネットワークの柱にした目的と効果」で、統合システム部 主任部員の木場迫栄一氏が語った。

(2021年7月8日)
特集:ゼロトラスト/SASEが問うIT部門の役割(1):

企業システムを守る境界防御には限界がある。拠点オフィスやリモートユーザー、パートナーがさまざまな場所からクラウドにアクセスする使い方が一般化したからだ。そこで脚光を浴びているのがSASEやゼロトラストセキュリティだ。自社の従業員、さらには顧客がセキュアにアクセスできる仕組みを実現できるという。IT部門が現在のセキュリティを改善する際、まずはどこから着手して、何を目指せばよいのだろうか。ガートナーのアナリストに聞いた。

(2021年6月25日)
羽ばたけ!ネットワークエンジニア(39):

SD-WANが話題になり始めたのは2015年ごろからだ。最近まで導入事例はほとんど見られなかったものの、コロナ禍で企業ネットワークの状況は一変し、SD-WANの採用が増え始めた。

(2021年4月28日)
特集:クラウドを用いて「SASE」で統合 セキュリティとネットワーク(2):

コロナ禍をきっかけに、急きょテレワークの拡大に追われたNTTデータ先端技術。既存のVPNを拡張するのではなく、ゼロトラスト/SASEに基づく新しいセキュリティ対策を取り入れた。その理由と利点、導入のポイントを聞く。

(2021年3月9日)
特集:クラウドを用いて「SASE」で統合 セキュリティとネットワーク(1):

ガートナーが2019年に提唱したセキュリティフレームワーク「SASE」(サッシー)では、ネットワークとセキュリティを包括的に扱うことを目指している。クラウドを利用してネットワークトラフィックの負荷分散ができることはもちろん、「従業員が快適に仕事をする環境を整える」という情報システム部門本来のミッションを果たしやすくするものだという。ユーザー企業が自社のネットワークをSASE対応にするメリットは何か、どうすればSASE対応にできるのか、SASEサービスを選択する際に注目すべきポイントは何だろうか。

(2021年2月5日)
SD-WANの2020年(3):

Gartnerが2019年より提唱している「SASE」は、組織のネットワークとネットワークセキュリティに関する、ラディカルな概念だ。本記事ではあらためてSASEを紹介し、「現時点で唯一の完全なSASEベンダーと主張する、Cato Networksの創業者兼CEO、シュロモ・クレイマー氏へのオンラインインタビューの内容をお届けする。

(2020年5月13日)
ゼロトラストセキュリティの理想と現実:

「ゼロトラスト」が今注目されている理由は、多くの企業・組織がテレワーク対応でVPNに代わる対策を求めるようになったことにある。つまり、テレワーク対策が終われば、ゼロトラストはきれいさっぱり忘れ去られてしまう可能性がある。

(2020年8月28日)
Versa Networksの共同創業者兼開発責任者に聞いた:

日本と異なり、米国ではSD-WANの普及が主に「ハイブリッドWAN」ニーズによって進んできたとされる。だが、Cisco SystemsやVersa Networksは、米国でもハイブリッドWANはもはや主なSD-WANの推進要因ではないと言う。Versa Networksの共同創業者の一人であるクマール・メータ氏に、主に米国でのSD-WANの市場動向と同社の対応を聞いた。

(2020年1月10日)

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。