連載
» 2006年09月05日 00時00分 公開

個人が“放送”できるポッドキャストって?5分でネットがわかるシリーズ(3)(2/5 ページ)

[江原顕雄,@IT]

意外と単純なポッドキャストの仕組み

  ポッドキャストの仕組みについて詳しく見ていきましょう。

  まずは配信者側(「ポッドキャスター」といいます)の作業ですが、放送するための音声ファイルを作ります。できたファイルをブログやWebサイトにアップロードし、音声ファイルのURLに対応したRSSを生成します(ブログ同様に、ネット上にアップしたら自動的にRSSを作成してくれます)。

  次に聞く人(リスナー)の動きです。まず、ポッドキャスティングを聞くためには「アグリゲーター」(Aggregator:「aggregate」で「集める」という意味です。ちなみにRSSリーダーも「アグリゲーター」と呼ぶこともあります)と呼ばれるソフトを用意します。アグリゲーターに聞きたい番組を登録しておけば、番組更新を自動的にチェックしてくれます。

 もし、番組が更新していれば、新しい音声ファイルをダウンロードし、いつでも再生が可能な状態となります。さらにiPodのようなMP3プレーヤを持っているユーザーであれば、プレーヤに自動的に音声ファイルを転送してくれます。

図2 ポッドキャスティングの仕組み 図2 ポッドキャスティングの仕組み

 

ポッドキャストでコンテンツがコンテンツ配信者からリスナーに届く仕組みを説明しました。では、ポッドキャストの情報をリスナーに送るRSSの仕組みものぞいてみましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。