連載
» 2008年05月30日 00時00分 公開

Oracleネットワーク環境の構成間違いやすいポイントを追え! Bronze DBA講座(3)(2/2 ページ)

[ゴールデンフォレスト株式会社,@IT]
前のページへ 1|2       

クライアントからOracleデータベースへの接続の流れ

例題3

クライアントからOracleデータベースへの接続を行う流れに関する次の文章の中から、誤っているものを1つ選択してください。

a.クライアントからOracleデータベースに対し、接続文字列を送信することで接続要求を行う

b.接続文字列は、ユーザー名、パスワード、ネットサービス名から構成される

c.接続識別子はネーミングメソッドに従い、接続記述子を取得する

d.ネットサービス名は接続記述子の別名である

e.接続記述子で使用されるSERVICE_NAMEには初期化パラメータservice_namesで指定された値を使用する

例題の範囲をおさらい

参考:「Oracleのネットワークを構成する

 この範囲の用語には間違えやすいものが多いので、注意して理解しましょう。

・接続文字列

 クライアントからOracleデータベースに接続を行う際、以下のように接続文字列を送信することで、接続要求を行います(「ユーザー名」以下が接続文字列です)。

connect ユーザー名/パスワード@ネットサービス名(接続識別子)

・ネットサービス名(接続識別子)、接続記述子

 ネットサービス名を接続文字列の@以降に指定すると、tnsnames.oraに記述されているネットサービス名から、接続記述子を取得します。

ORA10G =   ←ネットサービス名(接続識別子)
(DESCRIPTION =    ↓接続要求を送信するリスナーの情報
  (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = dbserver1)(PORT = 1521))
  (CONNECT_DATA =  ←これ以降が接続記述子
    (SERVER = DEDICATED)
    (SERVICE_NAME = orcl)
  )
)

・SERVICE_NAME

 SERVICE_NAMEに記述する内容は、初期化パラメータservice_namesで指定された値です。初期化パラメータservice_namesは、初期化パラメータDB_NAMEとDB_DOMAINをピリオドでつないだ値で、以下のように記述されます。

SERVICE_NAME = DB_NAME.DB_DOMAIN

 DB_DOMAIN初期化パラメータは、デフォルトではNULLとなっています。

正解

d

解説

選択肢a:接続要求を行う際は、クライアントからOracleデータベースに対し、接続文字列を送信します。

選択肢b:接続文字列は、ユーザー名、パスワード、ネットサービス名(接続識別子)から構成されます。

選択肢c:接続識別子はネーミングメソッドに従い、接続記述子を取得します。

選択肢d:ネットサービス名は接続記述子ではなく、接続識別子の別名です。

選択肢e:tnsnames.oraの接続記述子で使用されるSERVICE_NAMEには、初期化パラメータservice_namesで指定された値を使用します。

 よって、誤っているものはdです。

まとめ

 次の内容をチェックしましょう。

  • Oracleネットワークで使用するツール
  • ローカルネーミングメソッドを使用した接続
  • クライアントからOracleデータベースへの接続の流れ

 次回はOracleインスタンスの管理について、間違えやすい点にポイントを絞って説明します。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。