連載
» 2008年12月24日 00時00分 公開

5分で絶対に分かる会社の辞め方5分で絶対に分かる(4/6 ページ)

[小塚康司,リーベル]

3分 − 引き留めはありがたいけれど

 上司との最初の退職交渉で、「あっそ、辞めるの。お疲れさん」といわれることはまずないと思います。もしそういわれた場合、その会社は辞めて正解ですね。

 ほとんどの皆さんは、ありがたいことに引き留められます。

 「もうちょっと考えてみなさい。再度話し合おう」と再考を促され、保留される場合がほとんどです。

 まれに、絶対辞めさせない! とばかりに強烈な引き留めに遭うこともあります。しかし、どんな場合も同じように冷静に進めてください。

 保留または拒否された場合は、後日あらためて上司に退職の意思を伝えましょう。これでほとんどの上司は、「あらためて考えても意思が変わらないなら、退職を認めよう。新天地でも頑張ってくれ」といってくれます。

 その後、「では引き継ぎの準備を始めるから、退職日はまた相談させてくれ」と上司からいわれると思いますので、「よろしくお願いします」と答えればOKです。

 万が一、それでも上司が拒否する場合は、人事に退職届を提出しましょう。

 「上司の○○さんに○月○日に退職届を提出しましたが、受理されないので」

と口頭で伝えれば、その日付に退職届を提出したものと見なされます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。