連載
» 2010年04月27日 00時00分 公開

5分で絶対に分かるリスティング広告+運用テクニックデザイナーのためのWeb学習帳(5)(7/7 ページ)

[堂本健司,株式会社ヴイワン]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

【おまけ】リスティング広告の運用テクニック

 ここまでの5分で、リスティング広告を理解できたと思います。最後に、おまけでリスティング広告を運用するうえで重要なテクニックを付け加えます。それは冒頭でもお話しした、以下の3つに集約されます。

  1. キーワード
  2. 広告文
  3. 誘導先のWebサイト

 リスティング広告は、検索結果に表示される広告であり、キーワードと連動しているので、そこに表示されている広告も検索したキーワードと関連性がなければ、クリックされることもWebサイトが見られることもありません。

 従って、リスティング広告を運用するときに注目すべき点は、「誘導したいWebサイトは、どのようなキーワードと関連性が高いのかを確認する」ことです。1つ1つキーワードを書き出し、それをすべて入稿します。

 実際に確認する方法は、キーワードを入稿した後に、どのキーワードがどれくらいクリックされ、どのキーワードからどれくらい申し込みがあったかをキーワードごとに効果を計測・検証することです。

 PCでは、Google AdWordsやスポンサードサーチに効果測定用のツールがあるので、すぐに行うことが可能ですが、モバイルでは、まだ環境が十分に整っていません。キーワードごとに効果を計測する場合は、専用のツールが必要です。

図3 Google AdWordsのツール 図3 Google AdWordsのツール

 ここで重要なのは、「入稿するキーワードは何でもいいというわけではない」ということです。ある程度出稿するサイトと関連性のあるキーワードを選ぶ必要があります。

 Google AdWordsやスポンサードサーチには、関連性のあるキーワードを表示したり、サイトに関連のあるキーワードを探してくれるキーワードツールがあるので、それを使うと効率的にサイトと関連性の高いキーワードを探せます。これで、キーワードの設定は完了です。

 次に広告文ですが、比較的クリックされやすい広告文は、広告文のタイトルや説明文にキーワードが入っている広告文です。

 例えば、「毛穴」というキーワードを入稿したとすると、広告文はタイトルに「毛穴が気になる方へ」、説明文に「毛穴を目立たなくさせる化粧品」というふうにキーワードが入っている方がクリックされやすくなります。これは、検索したキーワードと広告文の一部が連動しているため、検索した人にとって分かりやすい広告文だからです。いかにユーザー目線で広告文を考えられるかが、ポイントです。

 キーワードごとに効果測定するためには、Google AdWordsとスポンサードサーチそれぞれのコンバージョン測定用のタグをサイトに埋め込むことで対応できます。コンバージョン測定用のタグは申し込み完了ページの所定の位置に埋め込んでください。

図4 Google AdWordsのコンバージョン測定用のタグ 図4 Google AdWordsのコンバージョン測定用のタグ

 このように、キーワードと広告文、誘導先のサイトをそれぞれ別々に考えるのではなく、関連して考えることで、より効果的に顧客を集めることができ、効果測定のツールを使うことで、キーワードごとの効果を計測できます。

@IT関連記事

第206話 バナー広告案
4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」 いまどきWebマーケティングが不可欠なのは分かるが、強烈な競合に並べてバナーなんか出して、勝ち目はあるのか?
Windows Server Insider」フォーラム 2010/2/2

iPhoneアプリに広告を挿入してガッチリもうけるのだ
ものになるモノ、ならないモノ(36) iPhoneアプリに広告を挿入して1日に50万円ももうけている!と聞き、その仕組みを知りたくて、日米のアドネットワーク企業に聞いた
Master of IP Network」フォーラム 2009/11/16

テクノロジが「21世紀の三河屋さん」を実現する
@IT自分戦略研究所ブックシェルフ(77) きめ細やかな「三河屋さん的サービス」を、テクノロジを使って取り戻す。リコメンデーションや検索連動広告では不十分だ
自分戦略研究所 > 自分戦略研究室 2008/12/26

ビジネスソフト ヒント×テクニック
ネット広告の広告効果を測定するには?
情報マネジメント > 仕事の改善 2007/3/5

新しいネット広告モデル「PPCSE」が開く未来
IT Businessフロントライン(117) ひん死のインターネット広告業界に現れた救世主「PPC検索エンジン」。“広告”と“インターネット”はどのように“両立”するのか
情報マネジメント > IT戦略 2003/5/23

HTMLメール普及を狙う広告業界
連載:IT Businessフロントライン(97) 電子メール広告の世界でHTMLメールのへシフトが起こりつつある。クリック率や購買率が数段違うというのだが、課題もある
情報マネジメント > IT戦略 2002/9/20

米国ネット広告最前線
連載:@米国最新事情(6) 米国で開催されたネット広告会議で紹介された、メール、PDAなど、さまざまなプラットフォームや広告手法を活用した最新事例をレポートする
情報マネジメント > IT戦略 2000/9/7

変貌続くネット広告業界
連載:IT Business フロントライン(2) 急成長中のネット広告業界。単なる広告媒体ではない新しいマーケティング手法として、さまざまな新技術の開発でしのぎを削っている
情報マネジメント > IT戦略 2000/8/17


前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。