連載
» 2010年12月13日 00時00分 公開

FlashでAndroidアプリを作りAndroid Marketに登録Flashでできる! Androidアプリ制作入門(2)(3/3 ページ)

[吉村美保,株式会社ライブウェア]
前のページへ 1|2|3       

XFLファイルをSubversionでバージョン管理する

 Flash CS5ではチーム開発において、Subversionなどでのバージョン管理が容易になったようです。

 いままでは、チーム開発を行ううえで、2人以上が同じFLAファイルをいじるような場合、Subversionクライアント上ではFLAが競合を起こし、マージ作業にはとても手間が掛かりました。この機能により、だいぶチームでの開発が楽になりそうです。

 以下の手順で試してみましょう

1.「ファイル」→「名前を付けて保存」

2.「Flash CS5 非圧縮ドキュメント(*.xfl)」形式を指定して「保存」をクリック

 すると、フォルダができます。

 フォルダの中身は以下のようになりました。FLAは、XFL形式で保存したファイル群がZIP圧縮されたもので、拡張子を.zipに変更して解凍すると、これらのファイルが出力されます。

 ここからはファイルを使うユーザーが2人いると仮定して話を進めます。ユーザーA、ユーザーBとしましょう。

3. ユーザーA:Subversionにファイルを配置

4. ユーザーB:チェックアウトユーザーB :チェックアウト

5. ユーザーB:XFLファイルを開くユーザーB :XFLファイルを開く

 開いた状態は、FLAファイルと変わりありません。

6. ユーザーB:失敗したときに表示されるシンボルを編集

 線の色を青に変更しました。

7. ユーザーB:コミット

8. ユーザーA:成功したときに表示されるシンボルを編集

 線の色を赤に変更しました。

9. ユーザーASubversion更新

 さあ、ファイルは上手くマージされているでしょうか?

10. ユーザーAXFLファイルを開く

11. ユーザーAシンボルの確認

 ユーザーBの変更、ユーザーAの変更がともに反映されていました!

 このFLAファイルのマージ作業は、多くの制作者の悩みの種でしたので、この機能は非常に有意義です。

「Device Central」による加速度センサの疑似テスト

 最後に、「Device Central」を使って、傾きセンサなどの動きを見ながらチェックしてみましょう!

 アプリにはゲームや加速度センサの値を反映させたコードを作成済みです。上手く動くでしょうか?

 Device Centralで動かすためには、パブリッシュ設定を変更する必要があります。変更手順は次のようになります。

1.「ファイル」→「パブリッシュ設定」をクリック

2.「Flash」タブの「Player」から「Flash Lite 4.0」を選択し、「OK」をクリック

3.「制御」→「ムービープレビュー」→「Device Centralを使用」をクリック

 Device Centralが起動します。「加速度センサーパネル」で、加速度センサの値がシミュレートできます。

最後にもう一度、実機で確認するべし!

 さて、Device Central上である程度ゲームが遊べるようになったので、最後にもう一度実機で確認してみましょう。パブリッシュ設定を「AIR Android」に戻し、実機へパブリッシュしましょう。動きました!

 ただ、加速度センサの値が、Device Centralで確認した値と違うようで、少しコードを修正しました。開発する際は、やはり時々実機で確認する必要がありそうですね。

 せっかく作ったゲームなので、Android Marketにアプリを登録してみたいと思います。登録の前に、Flash CS5で「Android デプロイタイプ」を「デバイスリリース」にしてパブリッシュし直しましょう。

アプリをAndroid Marketに登録するには

 では、登録をしましょう。登録には最低でも以下が必要です。

  • Googleアカウント
  • デベロッパ登録料25$(初回のみ)
  • アプリケーションファイル(apkファイル)
  • スクリーンショット2枚
    • 大きさ:320×480または480×854
    • ファイル形式:24bit PNGまたはJPEG
  • 英語での掲載情報
  • 連絡先情報

2011年1月6日追記:原稿執筆時には間に合っていませんでしたが、2010年11月18日、Android Marketのデベロッパーコンソールの仕様が変更され、プロモーション用の「高解像度アイコン(512×512)」の画像の登録が必須となっています

 登録までの手順を簡単に説明します。

1.Android Marketへアクセス

2. 「If you are a developer, learn about publishing your application here.」の「here」をクリック

3. Googleアカウントのログイン

4. デベロッパ登録料25$を払う心の準備をして、「次へ」をクリック(初回のみ)

5. クレジットカードや住所などを入力し、支払いを済ませる

6. Android Marketに戻ると、以下のようなページが表示されるので、チェックを入れ、「同意して次へ」をクリック

7. 開かれたページの「アプリケーションをアップロード」をクリック

8. アプリやスクリーンショットのアップロード、アプリの情報の入力を済ませ「公開」をクリック

 以上で公開は完了です。開かれたページではアップロードしたアプリが表示され、「公開済み」となっています。

 試しにマーケットから検索してみたら、表示されました!

 Androidアプリは審査がない分、すぐ公開できるので公開スケジュールを立てやすいですね。

Flash開発者も手軽にスマホアプリ作成が可能に

 本稿では、Flash CS5の新機能を紹介しながら、アプリを作成してAndroid Marketに登録するまでの手順を説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

 Flash開発者としての、いままでの知識を生かしながら、こうやって手軽にスマートフォンのゲームを作成できることで、より多くの方に遊んでもらえる可能性が広がったことを、とてもうれしく感じています。皆さんもぜひチャレンジしてみてくださいね。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。