連載
» 2011年01月26日 00時00分 公開

「描く」「見せる」「共有する」の三拍子がそろったCacoo本音のWebサービスガイド(6)(3/5 ページ)

[仲里淳,@IT]

書き出しから埋め込みまで豊富な公開方法

 作成した図は、まず名前を付けて保存します。保存は、右上の「保存」タブから行います。「保存」タブでは、図の「タイトル」、「詳細」を入力します。また、公開用のURLも表示されます。

「保存」タブ。ここからTwitterやFacebookなどへの投稿もできる

他の形式での書き出し(エクスポート)

 他のツールで使うためにファイル形式を指定して書き出す場合は、「エクスポート」タブで行います。無料版ではPNG形式のみですが、有料版ではSVG、PDF、PS(PostScript)形式の書き出しとベクター形式での印刷が可能です。

「エクスポート」タブでは、ファイル形式を指定して書き出せる 「エクスポート」タブでは、ファイル形式を指定して書き出せる

Cacooのサイトでの公開

 「保存」タブで表示されるURLにアクセスすると、誰でもCacooのサイトで表示できます。表示するだけならログインの必要はありません(編集する場合には必要)。Twitterなどへ投稿した場合はこのページを見てもらうことになりますが、その際にコメントを付けることもできます。

公開設定をした場合、誰でもアクセスして図を見たりコメントを付けたりできる 公開設定をした場合、誰でもアクセスして図を見たりコメントを付けたりできる

ブログなどへの埋め込み

 図の公開ページでは、図を見るだけでなくエクスポートや埋め込み用のHTMLコードも利用できます。「エクスポート」ボタンでは、図をPNG形式で書き出せます(SVG、PDF、PS形式と印刷には有料版でのログインが必要)。

 「リンク」ボタンでは、公開ページ(図の詳細画面)のURL、ブログなどに貼り付けるためのHTMLタグ(図ビューアの埋め込みコード)、画像ごとのURL(各シートの画像URL)が表示されます。

「リンク」ボタンでは、他のWebページで表示したり、画像データとして利用したりするためのURLが表示される 「リンク」ボタンでは、他のWebページで表示したり、画像データとして利用したりするためのURLが表示される

 それぞれの違いや特徴は次のようになります。

  • 図の詳細画面のURL

 Cacooのサイトの公開ページです。エクスポートや各種リンクURLが取得できたり、コメント機能が付いていたりするので、Twitterなどソーシャルメディア上で参照してもらう場合に適しています。作者や共同編集者(共有ユーザー)、更新履歴も表示されているなど、図の大元になるページです。

  • 図ビューアの埋め込みコード

 <iframe>タグを使って、ブログなどに貼り付けるためのものです。専用の枠内が用意されており、複数シートの場合にはページとして切り替えて表示できます。

  • 各シートの画像URL

 各シートの画像そのもの(PNG形式)が表示されます。<img>タグでURLを指定するとブログやWebページに画像を掲載できます。<iframe>タグに非対応のページに掲載したり、(他のWebサービスなどで)画像データそのもの指定したりして処理するような場合に利用します。

「図ビューアの埋め込みコード」を使うと、Cacoo専用の枠の中で図の情報やシートごとの表示ができる 「図ビューアの埋め込みコード」を使うと、Cacoo専用の枠の中で図の情報やシートごとの表示ができる
「各シートの画像URL」ではPNG画像そのものが表示される 「各シートの画像URL」ではPNG画像そのものが表示される

 いずれの方法で公開した場合でも、元の図を修正するとそれが反映されます。これもCacooで公開すると便利なところです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。