連載
» 2013年05月08日 15時51分 公開

第2回 自動ビルドを実現するビルド・サービスの必要性と環境構築方法連載:いまどきのソース・コード管理(2/3 ページ)

[亀川和史,著]

オンプレミス版TFSでビルド・サービスを構成する

 自動ビルド用のビルド・サービスを構成するには、オンプレミス版のTFSの場合、(Windows 8やWindows Server 2012の)スタート画面などからTeam Foundation Server管理コンソール(次の画面を参照)を起動し、「ビルド構成」をクリックしてウィザードを進めるか、TFS Expressのインストール時に使用する「構成センター」を使用する。なお、ウィザード内の処理はどちらを使用しても同じである。

Team Foundation Server管理コンソールを起動するためのボタン(スタート画面) Team Foundation Server管理コンソールを起動するためのボタン(スタート画面)

 具体的には、まず[スタート]メニューの配下にある[Team Foundation Server 管理コンソール]を起動して、その左側のペイン(=領域)から[ビルド構成]を選択し、右側のペインで[インストール済みフィーチャーの構成]を選択する。これにより次の画面のような[構成センター]ダイアログが表示されるので、[Team Foundation ビルド サービスの構成]を選択しよう。あとは以下の手順に従って、ビルド・サービスを構成すればよい(以下はTFS Expressの例だが、フル機能版のTFSでも操作は同じだ)。

[Team Foundation ビルド サービスの構成]ウィザードの実行手順1
[ウィザードの開始]ボタンをクリック
次へ
[Team Foundation ビルド サービスの構成]ウィザードの実行手順
[次へ]ボタンをクリックすると、新たに[ビルド サービス構成ウィザード]ダイアログが表示される
次へ
さらに[次へ]ボタンをクリックすると、[チーム プロジェクト コレクションを選択してください]ページ(次の画面を参照)に遷移する
次へ
[Team Foundation ビルド サービスの構成]ウィザードの実行手順
[参照]ボタンをクリックすると、接続するチーム・プロジェクト・コレクションを選択するための[チーム プロジェクト コレクションに接続]ダイアログが表示されるので、適切なものを選択して閉じる。そして再び[次へ]ボタンをクリックして、次の画面の[ビルド サービス]ページに移動する
次へ
[Team Foundation ビルド サービスの構成]ウィザードの実行手順
まず、ビルド・サービスとして[既定の設定を使用する]オプションか、[後で構成する]オプションを選択できるが、ここでは[既定の設定を使用する]オプション(既定値)を選択する。

次に、[このビルド コンピューターで実行されるビルド エージェントの数]コンボボックスの値(=ビルド・エージェントの実行数)を選択する(この画面の例では推奨値の「1」を選択しているが、ビルド・エージェントの数は「CPU数 − 1」が推奨値となっている。つまり、CPU数が多いサーバでビルド・サービスを構成すれば、同時に実行可能なビルドの数(=ビルド・エージェントの数)が多くなる。よって、ビルド・サーバにはできるだけ高性能なPCを割り当ててほしい。継続的インテグレーションではチェックインをするごとにビルドを実行することで、プログラム全体に問題が生じていないことを確認するのが一般的だが、このときにビルド・サーバの性能が低いと、プロジェクト(ビルド)の規模が大きくなったときに、ビルド待ちが発生してしまうためだ。もちろん継続的インテグレーションを使わない場合でも、ビルドが早く終わるに越したことはない)。

最後に、[次へ]ボタンをクリックして、[ビルド コンピューターの構成]ページに遷移する
次へ
[Team Foundation ビルド サービスの構成]ウィザードの実行手順
ビルド・サービスを実行するアカウントとして、[システム アカウントを使用する](=Windowsの組み込みアカウント)か、[ユーザー アカウントを使用する]か(=Active Directoryのアカウントも使用できる)を選択する。この例では、[システム アカウントを使用する]オプションを選択して、そのアカウントとして規定値の「NT AUTHORITY\LOCAL SERVICE」を指定している(ただし、ネットワーク・ドライブへのデプロイを行う場合、このLOCAL SERVICEアカウントではネットワーク・アクセスを行えないため、以下のいずれかの対処が必要である。

・ Active Directoryに参加して、Kerberos認証の委任を設定し、共有フォルダにコンピュータ・アカウントでのアクセスを許可する(コンピュータ・アカウントの委任の設定については、以前、「開発環境の資源を管理する」で書いたので、参考にしてほしい。この記事ではHyper-Vでの話だが、委任に関しては全く変わらない)

・ Active Directoryに参加して、ビルド用のユーザー・アカウントを設定する

最後に[次へ]ボタンをクリックして、次の画面の確認ページに移動する
次へ
[Team Foundation ビルド サービスの構成]ウィザードの実行手順
内容に問題がなければ[次へ]ボタンをクリックして、準備チェックのページ(次の画面を参照)に移動する
次へ
[Team Foundation ビルド サービスの構成]ウィザードの実行手順
このページでは、ビルド・サービスの前提チェックが実行される。これに成功したら、[構成]ボタンをクリックする。これにより、ビルド・サービスの構成が開始され、次のような画面が表示される
次へ
[Team Foundation ビルド サービスの構成]ウィザードの実行手順
ビルド・サービスの構成はすぐに終了する。[次へ]ボタンを押せば、最後の結果ページ(次の画面を参照)が表示される
次へ
[Team Foundation ビルド サービスの構成]ウィザードの実行手順
[閉じる]ボタンをクリックすると、[Team Foundation ビルド サービスの構成]ウィザードが終了する

[Team Foundation ビルド サービスの構成]ウィザードの実行手順


 ビルド・サービスのインストールは以上で終了だ。ウィザードが終了すると、元の[構成センター]ダイアログに戻る。ここでさらに[閉じる]ボタンをクリックすると、TFSの管理コンソール画面に戻る。

 続けて、ビルド・サービスのプロパティ設定や、ビルド通知の設定を行おう。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。