連載
» 2016年10月27日 05時00分 公開

VR/ARにも使える多彩な3Dモデルの部品が手に入るUnity Asset Storeの基本的な使い方ゲーム開発初心者のためのUnity入門(3)(2/3 ページ)

[薬師寺国安,PROJECT KySS]

Asset Storeのテクスチャを3Dモデルに適用する

 何かテクスチャをダウンロードして、前回作成しておいたCubeやSphereに適用してみよう。

 Unityを起動すると、図9のように、今までに作成したプロジェクトの一覧が右に表示されている。一番新しいプロジェクトが一番上に表示されてる。前回作った「FirstUnityProgram」も表示されているはずだ。もし、表示されていない場合は、「OPEN」メニューから開くといい。

図9 今までに作成したプロジェクトの一覧が表示されている

アセットの探し方

 この「FirstUnityProgram」をクリックして読み込んで、図6の右隅上にあるカテゴリから、「Textures & Materials」を選択する。すると図10のように、「Free」(無料)や有料の各種テクスチャやマテリアルのアセットが表示される。今回は、その中から「Yughues Free Metal Materials」をクリックしよう。

 表示されるAssetsが多過ぎて、目的のAssetが見つからない場合は、一番上の検索欄に、「category:Textures & Materials」と入力されているので、これを「×」アイコンで削して、「Yughues Free Metal Materials」と入力して、虫眼鏡アイコンをクリックするといい(図10)。

図10 表示されたテクスチャの中からFree版の「Yughues Free Metal Materials」をクリック

アセットのダウンロードとインポート

 すると、「Metal Textures Pack」の画面が表示されるので、「Import」をクリックする(図11)。このAssetを初めて使う場合は「Download」と表示される。「Download」が完了すると「Import」に変わる。筆者の場合は何度も使用しているので「Import」と表示されている。

図11 「Import」をクリック

 「Decompressing」が開始される。「Yughues Free Metal Materials」はファイルサイズが結構大きいので、それなりに時間がかかるだろう。「Importing Unity Package」の画面が表示されるので(図12)、「Import」をクリックする。「Hold on」が開始され、取り込みが始まる。これには多少時間がかかるかもしれない。

図12 「Importing Package」の画面が表示された

テクスチャのアセットを3Dモデルに適用する

 次に、全画面で表示していたAsset Storeの「Maximize」のチェックを外して元のサイズに戻し、Scene画面を表示する。「Project」の「Assets」の中に「Metal textures pack」のフォルダが作成されている。展開すると「pattern 01」〜「pattern 42」までのパターンが用意されている(図13)

図13 「pattern 01」〜「pattern 42」までのパターンが用意された

 この中から適当なパターンを選択してみる。今回は「pattern 02」を選択した。すると「pattern 02」の中にあるテクスチャが表示される(図14)。

図14 pattern 02の中にあるテクスチャが表示された

 このテクスチャとマテリアルを「Scene」の中に配置しているCubeとSphereにドラッグ&ドロップすると、図15のようにCubeとSphereにテクスチャが適用される。

図15 テクスチャが適用されたCubeとSphere

 静物なので、プレー画面で見ても、表示されているGame画面で見ても見え方は同じだ。

 次ページでは、Asset Storeから3Dモデルをダウンロードして、Scene画面に表示させるところまでをやってみよう。3Dモデルを自由自在に動かす処理は、本連載の後半で詳説するので、お楽しみに。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。