連載
» 2015年04月17日 05時00分 公開

第1回 Visual Studio Onlineで使える二つのバージョン管理システム連載:TFVC vs Git(8/8 ページ)

[亀川和史,著]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7|8       

コミットの詳細の表示やファイル内容の比較

 コミットが完了すると、初回コミットと同様にコミットハッシュが表示される。この画面からはコミットの詳細を表示したり、以前にコミットしたファイルと比較したりできる。

Gitのコミット完了画面 Gitのコミット完了画面
  (1)作成されたコミットハッシュ。
  (2)クリックすると同期処理が実行される。

 この画面でコミットハッシュ(上の画像では「b56a6dd8のコミット」というリンク)をクリックすると、変更されたファイル名や関連付けられた作業項目が表示される。

Gitでのコミット詳細の表示 Gitでのコミット詳細の表示
  (1)変更差分の元となるコミットのハッシュ。
  (2)コミットメッセージ。作業項目と関連付けていれば、自動的に関連作業項目のIDが付加される。
  (3)コミットを元に戻す。
  (4)[コミット IDのコピー]や[ブラウザーで開く]という項目を含んだメニューを開く。

 差分を確認したいファイルを右クリックすれば差分比較や注釈の設定ができる。

Gitでのファイル単位の操作 Gitでのファイル単位の操作
  (1)ファイルを開く。
  (2)ファイルの履歴を表示する。
  (3)以前のバージョンと比較する。
  (4)注釈の設定を行う。

 ソースファイルを右クリックしてコンテキストメニューから[以前と比較]を選択すればVS内で差分が表示される。

Gitでのファイル差分比較画面 Gitでのファイル差分比較画面

 変更前の場所が赤色、変更後の箇所が薄い緑色で表示されている。問題なければ、チームエクスプローラーで一つ前の画面に戻って、[同期されていないコミット]リンクを選択し、[同期されていないコミット]ウィンドウが表示されたら、[同期]ボタンを押してリモートリポジトリにプッシュしよう。

Gitでのコミット詳細 Gitでのコミット詳細
  (1)リモートリポジトリと同期する。
  (2)リモートリポジトリから変更を取得する。
  (3)リモートリポジトリに変更を出力する。
  (4)エクスプローラーで開く、履歴表示のメニューを開く。
  (5)リモートリポジトリに変更を出力する。

 初回コミットと同様に、ローカルリポジトリでプッシュを実行すると、リモートリポジトリの「origin/master」に反映される。

Gitでのコミット完了状態 Gitでのコミット完了状態

 これで「origin/master」への2回目のプッシュが成功した。VS OnlineのWebポータルで確認すると次のような画面になる。コミットメッセージをクリックすると、差分が表示される。

Webブラウザーで履歴を確認する Webブラウザーで履歴を確認する
  (1)コミットの詳細を確認する。

 変更内容をリモートリポジトリにプッシュした後であれば、チームエクスプローラーの[コミットの詳細]ウィンドウにある[操作]メニューからこれらを表示することも可能だ([コミットの詳細]ウィンドウは、チームエクスプローラーの[分岐]ウィンドウで[発行された分岐]を右クリックして[履歴の表示]を選択し、表示された[履歴]ウィンドウで任意の項目をダブルクリックすることでいつでも表示できる。詳しくは後述する)。

Gitのコミット操作メニュー Gitのコミット操作メニュー
  (1)コミットの変更点をブラウザーで開く。
  (2)コミットIDをコピーする。

 [操作]メニューから[ブラウザーで開く]を実行すると、WebブラウザーでVS Onlineの変更内容をまとめて確認することが可能だ。

 [コミット IDのコピー]にある「コミットID」は前述したが、特定のコミットを一意に識別する値のことだ。VS OnlineをWebブラウザーで開いたとき、右上の検索ボックスに入力すれば特定のコミットを検索することが可能だ。

Gitのコミット操作メニュー Gitのコミット操作メニュー
  (1)コミットIDで検索する。
  (2)差分比較結果。

 VSでの差分の比較表示同様に、削除された箇所が赤色、追加されたところが緑色で表示されている。

 最後に[分岐]ウィンドウについて簡単に見ておこう。

Gitのブランチのメニュー表示 Gitのブランチのメニュー表示
  (1)ブランチへの発行を取りやめる。
  (2)新しいブランチを作成する。
  (3)他のブランチの変更を取り込む。
  (4)履歴を表示する。

 [履歴の表示]をクリックすると、[履歴]ウィンドウに履歴の一覧が表示される。

Gitでのコミット履歴の表示 Gitでのコミット履歴の表示
  (1)履歴の一覧。

 履歴の先頭にあるmasterというマークが付いているところが、現在のorigin/masterになっている。また、個々の項目をダブルクリックするか、右クリックしてコンテキストメニューから[コミットの詳細の表示]を選択すると、チームエクスプローラーに[コミットの詳細]ウィンドウが表示される。


 今回はGitとTFVCの概要、それぞれをバージョン管理システムに使用したチームプロジェクトの作成、Gitをバージョン管理システムとして、VSおよびVS Onlineでソース管理を行う最初の一歩を見た。次回は、TFVCを使用してバージョン管理を行う方法を見ていく。

「連載:TFVC vs Git」のインデックス

連載:TFVC vs Git

前のページへ 1|2|3|4|5|6|7|8       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。