連載
» 2015年09月17日 05時00分 公開

VLAN間ルーティングの設定と確認CCENT/CCNA 試験対策 2015年版(23)(2/3 ページ)

[ドヴァ 齋藤貴幸,@IT]

アクセスポートを使用するVLAN間ルーティング

 図3は、アクセスモードでスイッチとルーターを接続した場合のイメージです。

図3 アクセスモードでスイッチとルーターを接続した際のVLAN間ルーティング

 アクセスモードでのスイッチとルーター間の接続には、VLANの個数と同数の論理上のスイッチ(=VLAN)が存在します。VLANの生成は、そのVLAN用のスイッチを新たに用意することに相当します。

図4 VLANの数と同数の見かけ上のスイッチが存在する

 この接続方式ではルーターはVLANを意識しません。VLAN間ルーティングを行うためには、ルーターとスイッチのそれぞれにVLANと同じ数のインターフェースが必要です。さらに、スイッチにはクライアントPCなどの終端機器との接続用の設定が必要です。

 図5は、図3のルーターとスイッチの設定コマンドです。

図5 設定コマンド

 スイッチのポートにおけるVLANへの登録状態は「Switch# show vlan brief」コマンドで確認します。

図6 VLANへの登録状態を確認するコマンド

 ルーターに実装されるイーサネットのインターフェースのほとんどは、標準で2ポートまでのものです。このため、三つ以上のVLAN間をルーティングさせるためには、ルーターとスイッチ間をトランク接続しなければなりません。

トランクポートを使用するVLAN間ルーティング

 トランクポートを使用するVLAN間ルーティングは、ルーターとスイッチの接続ポート数を減らせます。ルーターとスイッチを1本のケーブルで接続することから「ルーター オン ア スティック(Router On A Stick)」とも呼ばれます。

 ルーターとスイッチを接続しているケーブル内でVLANを区別するために、「VLANタグ」が使われます。トランク接続の終端となるスイッチとルーターの両方で、トランク接続用の設定が必要です。

図7 トランク接続によるVLAN間ルーティングの物理構成例

 図8は、図7の設定コマンドです。

図8 設定コマンド

 ルーター設定のポイントは、物理インターフェース(interface Gi0/0)に「no shutdown 」コマンドを忘れずに入力することです。

 物理インターフェースがshutdown状態のままでは、どんなサブインターフェース(Gi0/0.10など)を作成しても有効になりません。また、運用管理の利便性を考え、サブインターフェースの番号はVLAN-IDと合わせることが推奨されます。

 スイッチ設定のポイントは、トランクポートの設定を行うことです。

 不用意にデータを流さないよう、トランクポートでは通過を許可するVLANを指定する設定も併せて行う方が良いです。通過を許可するVLANを指定するコマンドは、トランクポートとするインターフェースの設定モードで「switchport trunk allowed vlan xxxx(xxxxはVLAN-ID)」です。

 ルーターとスイッチをトランク接続すると、接続インターフェース数を最小限に抑えられます。その半面、トランク接続した回線にデータトラフィックが集中することから、ネットワーク全体のボトルネックとなることが想定されます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。