連載
» 2016年01月20日 05時00分 公開

5つのポイントで成果につなげる「一年の計」の立て方仕事が「つまんない」ままでいいの?(13)(3/3 ページ)

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]
前のページへ 1|2|3       

明日のために「今日」何を行うかを考えよう

計画において重要なことは、明日何を行うかを考えることではない。明日のために今日何を行うかを考えることである。

 これは、P.F.ドラッカーの言葉です。私たちはとかく、「明日から始めよう」と、行動を先延ばしにしてしまいがちです。「今日、何ができるか」を考え、今すぐにでもできる小さな行動から始めてみてはどうでしょうか。

 そして、今日できる小さな行動を繰り返すことで、今年の年末、きっとこう思うはずです。「今年の1月、目標を設定したおかげで、例年以上に充実していたな」と。

 ちなみに、筆者の今年のテーマは、「必要な人に、必要な情報を届ける」です。「私が伝えたいこと」ではなく、「悩みを抱えているビジネスパーソンの問題が解決できる、本当に役に立つコンテンツ」をお伝えしていきたいと思います。そのためにも、ビジネスパーソンがどんなことに日々悩んでいるかを常々考え、調べ、話に耳を傾けていきたいです。

今回のワーク

 大切なのは、「なるほどね」で終わらせないことです。静かな場所に行って、コーヒーでも飲みながら、紙とペンを取り出して考えてみてください。

 今回は「目標設定ワークシート」も作りました。こちらからダウンロードしてください。

  • 目標を一つ決めましょう
  • 5つのポイントを使って、目標を具体的にしてみましょう
  • 「今日、何ができるか」を考え、小さな行動を始めましょう
「仕事が「つまんない」ままでいいの?」バックナンバー

筆者プロフィール

竹内義晴

しごとのみらい理事長 竹内義晴

「仕事」の中で起こる問題を、コミュニケーションとコミュニティの力で解決するコミュニケーショントレーナー。企業研修や、コミュニケーション心理学のトレーニングを行う他、ビジネスパーソンのコーチング、カウンセリングに従事している。

著書「うまく伝わらない人のためのコミュニケーション改善マニュアル(秀和システム)」「職場がツライを変える会話のチカラ(こう書房)」「イラッとしたときのあたまとこころの整理術(ベストブック)」「『じぶん設計図』で人生を思いのままにデザインする。(秀和システム)」など。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。