連載
» 2016年11月25日 05時00分 公開

メンバーの「順調です!」を鵜呑みにした結果――山本一郎氏が聞く、会社成長期に起こりやすい炎上事例と対処法開発残酷物語(1)(4/4 ページ)

[竹内充彦,発注ナビ]
前のページへ 1|2|3|4       

成長へのアクセルを絞っているのはもったいない?

 こうした失敗の根本について、山本氏が切り込む。

もったいない! 実にもったいない

 エンジニアの育成やデザイナーの調達など、顧客ニーズに対して社内リソースが足りていないというケースは、会社の成長期に起こりやすい。

 「現場の問題としてやり方を工夫するだけでなく、企業のマネジメントやリソースの調達、配分を意識的に手掛けることで、炎上の原因の1つである『リソースが足りず誰にも相談できない』という、現場ではどうにもならない足かせは解除できると思うんです」(山本氏)

 さらに、いち早く会社を成長させようと思えば、リーダークラスのエンジニアをよそから引き抜いてくるといった手段も視野に入れても良いのではないだろうか、と山本氏はけしかける。

 「Drupalにこれだけ注力している会社は他になく、クラウドと結び付けた目の付けどころもいい。技術力もあるのだから、外部から資金を調達して、もっと早期に事業を拡大してもいいのでは? 竹内さんは、何だかアクセルを踏めばスピードが出るのが分かっているのに、あえて絞っている感じがする。もったいないなぁ」と、山本氏。

 竹内氏は一瞬、(図星だ!)という表情をし、「当社は開発拠点がインドにあり、規模の拡大に備えるため、東京にも開発ブリッジ機能を作りました。国内での開発体制強化は目下の課題。2017年からエンジニアの育成にも本格的に取り組んでいきます。アクセルについては……(苦笑)、急成長しながら資金集めに苦労した企業を幾つも経験しているから慎重になってしまうのかもしれません」と、理由を説明してくれた。

それには、こういう理由があってですね(必死)

 「なるほど(笑)」と理解を示した山本氏は最後に、ジェネロは今後はどのような方向を目指していくのか尋ねた。

 「米国にアクイア(Acquia)という企業があります。Linuxにおけるレッドハットのような立ち位置で、オープンソースのDrupalの、開発や技術サポートをビジネスにしている会社です。ジェネロも国内におけるそうした立ち位置を目指したいという思いがあります。いずれにしても、まずはエンタープライズ向けのビジネスをきちんと確立することが先決です」と、既に将来のビジネスのカタチについても青写真は用意されている様子だ。

 いきなりアクセルを全開にはせず、状況を見極めながら、適切にビジネスを拡大していく経営判断は、情報通信の過渡期を第一線で渡り歩いてきた竹内氏ならではといえるだろう。

 同じ失敗を2度は繰り返さないという信念、ぜひ見習いたい。

次回も、山本一郎氏が「炎上」事例を斬る!

 次回以降も山本一郎氏が、発注ナビユーザーのシステム開発会社の炎上事例をぶった切ります。お楽しみに。

発注ナビとは

発注ナビ」は、業務システム開発やWebシステム開発、アプリ開発、ECサイト構築、Webサイト制作などのシステム開発を中心に、ITサービスを提供する会社の検索・比較に特化した情報サイトです。システム開発などのITサービスの開発を検討している発注者が、あまたある企業の中から、高い精度かつ迅速に発注先となる企業を見つけられることを目指したWebを中心としたサービスです。

発注者からのさまざまな要望に応えるべく、毎月50社以上のシステム開発会社やWebサイト制作会社と面談を行い、業界各社の情報収集・分析を徹底、単なる広告の掲載ではなく、発注者目線で取材を行い、根拠や強弱を付けた特徴の説明、具体的な実績や費用例、クライアントからのクチコミ評価などの、なかなか表に出てこないような情報のコンテンツ化に取り組んでいます。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。