連載
» 2017年03月06日 05時00分 公開

Linuxサーバーの設定を変更してみよう基礎から理解するLinuxサーバー[Cent OS 7.0編](3)(2/2 ページ)

[中島能和,著]
前のページへ 1|2       

コマンドで変更する

 サーバーの設定に影響をおよぼすコマンドもあります。例えば、ifconfigコマンドを使うと、サーバーに設定されているIPアドレスを変更できます。次の例では、サーバーのIPアドレスを10.2.3.4に変更します。

IPアドレスを変更する例

 コマンドを実行すると、サーバーのIPアドレスはただちに変更されます。ネットワークサービスの再起動は必要ありません。

ONEPOINT

 不用意にIPアドレスを変更するとネットワークサービスに異常が生じますので、ネットワーク設定を十分に理解できるようになるまでは試さない方がよいでしょう。


 なお、コマンドを使って行った変更は、たいていはその場限りのもので、システムを再起動すると元の状態に戻ってしまいます。

ONEPOINT

 コマンドによる設定変更は一時的なものがほとんどです。


ツールで変更する

 コマンドを使った設定は、コマンドごとに指定方法を覚えなければなりません。もちろんオンラインマニュアル(manコマンド)を使って調べることもできますが、サーバー設定に不慣れな場合は、適切にコマンドを実行できるまでに四苦八苦することもあります。

参考情報

manコマンドはマニュアルを表示するコマンドです。姉妹書『たった2日でわかるLinux』にて紹介しています。


 そこで、多くのディストリビューションでは、設定を手助けするためのツール(プログラム)が用意されています。CentOSでは、ネットワークの設定を補助するnmtuiコマンド、nmcliコマンドが用意されています

参考情報

nmtuiコマンド、nmcliコマンドいずれもNetworkManagerというネットワークサービス機能のコマンドです。NetworkManagerを無効にしている場合は利用できません。


 nmtuiコマンドを実行すると、次のような画面に切り替わって、対話的に設定操作ができます。この画面ではマウスが使えず、カーソルキー、Tabキー、スペースキー、Enterキーを使って操作します。

nmtuiコマンドを実行した画面

 nmcliコマンドは、コマンドに引数を指定する形でネットワークの設定を変更する、やや上級者向けのコマンドです。ただ、CentOS 7での挙動は安定しているとはいえないので、ここでは、このようなツールを使って設定することもできる、ということだけ知っておいてください。

まとめ

  • サーバーの設定は設定ファイルで変更します
  • コマンドを使って変更した設定は一時的なものが多いです
  • 設定を手助けするツールが用意されていることがあります

たった2日でわかる Linuxサーバー Cent OS 7.0対応

たった2日でわかる Linuxサーバー Cent OS 7.0対応

中島能和著
秀和システム 2500円(税別)
Linuxサーバーの学習をしたいがマシンは1台しかない……。覚えることが多すぎる……。あなたは、そんな理由でLinuxサーバーの学習をあきらめていませんか? 本書は、WindowsやMac上で動くLinuxを使って、サーバー構築のノウハウを解説します。初心者を対象としているので、あれもこれもと欲張ってたくさんの説明をするのではなく、まずは2日間で基礎部分だけをしっかり解説します。サーバ構築の基本スキルが身につきます。

注文ページへ


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。