Sambaでファイルサーバーを構築しよう基礎から理解するLinuxサーバー[Cent OS 7.0編](8)(2/3 ページ)

» 2017年03月27日 05時00分 公開
[中島能和]

Sambaを起動しよう

 確認が終わったら、Sambaを起動しましょう。smbサービスとnmbサービスの両方を起動します。

Sambaを起動する

 ちゃんと動作しているか確認しましょう。

Sambaの動作を確認する

 システム起動時にSambaも起動したい場合は、次のコマンドを実行して、自動起動を有効にしてください。

Sambaの自動起動を有効にする

ONEPOINT

 smb.confの設定を書き換えた場合はSambaの再起動もしくは設定の再読み込みが必要ですが、共有の設定のみ変更・追加した場合はその必要がありません。


Windowsからアクセスしよう

 それでは、Windowsコンピューターからアクセスしましょう。Windowsのフォルダにある「ネットワーク」を見ると、その中に「CENTOS7」というアイコンが見えるはずですので、それをダブルクリックします。

参考情報

ここで表示される名前は、smb.conf のnetbiosnameで指定した名前です。


ネットワーク上のCENTOS7アイコン

 しばらく待ってもアイコンが表示されない場合は、フォルダのアドレス欄に「\\サーバーのIPアドレス\Public」と入力してください。共有ディレクトリを作成したときにコピーしたファイル(hosts)が見えていれば成功です。

共有Public

 ファイルをドラッグ&ドロップして、アップロードしたりダウンロードしたりしてみてください。

ONEPOINT

 「\\IPアドレス\共有名」でネットワーク上の共有にアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。