連載
» 2018年09月25日 05時00分 公開

VS CodeからPHPアプリをローカル実行/デプロイ!Visual Studio Code+PHPの可能性を探る(2/3 ページ)

[かわさきしんじ,Insider.NET編集部]

Deploy (Reloaded)拡張機能

 ローカルフォルダにあるPHPアプリプロジェクトをWebサーバへデプロイするには、Deploy (Reloaded)拡張機能が使える(実際には、何らかの手段でCI/CD環境を構築していることが多いと思われるので、あくまでも小規模なアプリのデプロイや、ローカル環境で実行されているWebサーバへのデプロイなどが主な用途になるだろう)。

 この拡張機能は、VS Codeのワークスペース(フォルダ)にあるファイルをさまざまなターゲットに配備するために使える(PHPプロジェクトに限定されない)。また、「Reloaded」とあるように、同じ作者によるDeploy拡張機能の後継バージョンとなっている。

Deploy (Reloaded)拡張機能 Deploy (Reloaded)拡張機能

 この拡張機能をインストールしたら、すぐにデプロイが可能になるというわけでもない。実際には(ユーザー設定ではなく)「ワークスペース設定」で、デプロイ先やデプロイするファイル群(パッケージ)を指定する必要がある。実際には、ワークスペース設定(settings.jsonファイル)にdeploy.reloaded項目を作成して、その子項目としてtargets項目(デプロイ先)やpackages項目(デプロイするファイル群)を指定していく。

 ここでは、XAMPPが管理するhtdocsフォルダ(にあるvscodephp_03フォルダ)をデプロイ先として、これらの設定を行ってみた。

{
  // …… 省略 ……
  "deploy.reloaded": {
    "targets": [
      {
        "type": "local",
        "name": "deploy to xampp htdocs",
        "description": "deploy to xampp htdocs",
        "dir": "C:\\xampp\\htdocs\\vscodephp_03"
      }
    ],
    "packages": [
      {
        "name": "sample package",
        "description": "sample",
        "files": [
          "**/*.php",
          "**/*.html"
        ],
        "exclude": [
          ".vscode/**"
        ]
      }
    ]
  }
}


デプロイ先とデプロイするファイル群(パッケージ)の設定

 上でも述べたように、deploy.reloaded項目にはtargetsとpackagesの2つの子項目があり、そこに必要となる記述を配列として記述していく。ここではローカルマシンのフォルダがデプロイ先となっているので、targetsにあるdir項目にそのフォルダを指定している。また、packages以下ではfiles項目にデプロイ対象のファイルを、exclude項目に不要なフォルダを指定している。

 これらを記述したら、コマンドパレットから[Deploy Reloaded: Deploy]コマンドを実行する。すると、デプロイ対象を選択するダイアログが表示されるので、ここでは[Package]を選択する(この「Package」の内容を上のsettings.jsonファイルで指定したということだ)。

[Deploy Reloaded: Deploy]コマンドを実行する
[Deploy Reloaded: Deploy]コマンドを実行する
[Package]を選択する
[Package]を選択する

[Deploy Reloaded: Deploy]コマンドの実行


 これにより、先ほどtargetsのdir項目で指定したフォルダにデプロイが行われる。以下はデプロイ先となったXAMPP管理下のhtdocs\vscodephp_03フォルダをエクスプローラーで開いたところだ。

デプロイ後のhtdocs\vscodephp_03フォルダの内容 デプロイ後のhtdocs\vscodephp_03フォルダの内容

 上に示したように、2つのPHPファイルと1つのHTMLファイルがデプロイされたことが分かる。

 ここでは、ローカルマシンのフォルダを対象としたが、この拡張機能は他にも多くのデプロイ先に対応しており、ワークスペース設定の記述方法もさまざまだ。また、デプロイ先からのファイルの取得なども可能だ。詳細については、この拡張機能のリポジトリにあるWikiページを参照されたい。

 PHP Server拡張機能とDeploy (Reloaded)拡張機能があれば、ローカル環境でのちょっとしたPHPアプリの開発とテスト実行とそのデプロイまでをVS Code内で完結させられるので、必要な方はぜひインストールしてみよう。

 最後に、PHPコードの記述を簡単にする拡張機能をあと2つ紹介したい。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。