連載
» 2018年12月19日 05時00分 公開

ヴォイニッチ手稿に最適な10のOCRサービスIT用語解説系マンガ:食べ超(153)(4/4 ページ)

[倉田タカシ(@deadpop),@IT]
前のページへ 1|2|3|4       
社長「いまどきのOCRは草書体でも読み取れると聞いたでござる」わたし「左様で御座いますか」社長「私のアイデアメモを読んでくれるOCRないかなーって」わたし「チャレンジング!!」社長「昨夜夢に出てきた事業アイデアを書き留めたんだ。これが数百億に化けると思って全力で解読してくれ!!」わたし「この最後のニョロ〜ンとか完全に寝てるでしょ!」社長「いやいやここにこそ究極のアイデアが!!」マルコフ君「オレそういうの得意っすよ」社長「餅は餅屋!」マルコフ君「ビッグビジネスだ! と社長は叫びました。社長は自分の身長より大きい物をビッグと呼ぶので、2メートルのはしごを売るのはビッグビジネスです。はしごは飛ぶように売れませんでした。飛ぶものでなければ飛ぶようには売れないのだと社長は気付きました。そこで、次」わたし「意外と創作力あるねー」社長「それは違うな……」わたし「諦めてください」OCR「わが社のOCRはどんなCAPTCHAも突破できる高度技術ですよ!」わたし「えっ犯罪っぽい」
OCR「いやいや犯罪じゃないです。鍵を紛失したときに開けてくれるサービスと同じですよ」わたし「自社のCAPCHAを突破できないみたいな状況ってあるのかしら」おばあちゃん「以前はCAPTCHAに対する人間の回答がOCR技術にフィードバックされていたけど、近頃は逆転しているのよね〜」社長「やってみてくれ!」「平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。さて本日は、弊社の新しいサービスをお知らせいたしたく、皆さまのお時間を頂戴し」わたし「えっプレスリリース?」社長「まさにこれだ!」OCR「全文解読は有料サービスですがご利用になりますか?」社長「ならいでか!!」わたし「最後のにょろにょろからめちゃリッチな情報が??」社長「思い出した!!」社長「うおーッ」社長が作った謎マシンはちょっと話題になりました マルコフ君「やっぱOCRは創作力っすね!」

筆者プロフィール

倉田タカシ

倉田タカシ

イラストレーター、マンガ家、文筆業、Web制作業。

著書「母になる、石の礫【つぶて】で」(早川書房)、「うなぎばか」(早川書房)など

河出書房新社『NOVA2』『NOVA10』、東京創元社『量子回廊』に短編を収録。共作Web企画『旅書簡集 ゆきあってしあさって』に参加中。

http://yukiatte.tumblr.com/



前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。