ITmedia DX
ニュース
» 2021年02月17日 08時00分 公開

コロナ禍の影響で「部署のニーズと個人の能力にミスマッチ」 アッテルが人事評価方法の変化について調査現在の人事評価プロセスは「適正ではない」

アッテルは、コロナ禍でのテレワーク導入による人事評価方法の変化と人材の最適配置に関する調査結果を発表した。テレワークによって人事評価の軸が変わり、部署のニーズと個人の能力にミスマッチが発生しているという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アッテルは2021年2月15日、コロナ禍でのテレワーク導入による人事評価方法の変化と人材の最適配置に関する調査結果を発表した。この調査は、人事・採用担当者の300人を対象に実施した。アッテルは「テレワークによって人事評価の軸が変わり、部署のニーズと個人の能力のミスマッチが浮き彫りになった」としている。

テレワークでプロセスの評価が難しくなった

 テレワークの導入状況については「全社で導入している」と回答した割合が33.3%、「部署によっては導入している」が42.3%で、約7割がテレワークを導入していた。

 「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で人事評価の難しさを感じるか」という設問については、「すごく感じている」と回答した割合は17.0%で「どちらかというと感じている」は46.7%だった。理由を聞くと「テレワークでプロセスの評価が難しくなったため」を挙げた割合が53.9%(複数回答、以下同)が最も高く、次いで「成果主義に変えたいが、社内で制度ができていない」が49.7%だった。

画像 コロナ禍の影響で人事評価に難しさを感じている理由(出典:アッテル

 アッテルは「テレワーク導入に合わせて『プロセス評価』から『成果評価』に変える必要があるが間に合っておらず、人事評価の難しさを感じている担当者が多いようだ」とみている。

コロナ禍の影響で人事評価の軸が変わってきている

 人事評価プロセスについては「適正ではない」と考える担当者が約半数を占めた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。