連載
» 2021年08月02日 05時00分 公開

ハイブリッドなID基盤構築を支援するコネクター「Azure AD Connect」のv2.0がリリースMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(151)

Microsoftは2021年7月20日(米国時間)、ハイブリッドなID環境のためのコネクターソフトウェア「Azure AD Connect」の最新バージョン「v2.0(2.0.3.0)」をリリースしました。現時点では、これまでリリースされてきたAzure AD Connectの全てのバージョンがサポートされていますが、2022年以降、一部のコンポーネントがサポートされなくなるため注意が必要です。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

ハイブリッドなID基盤を構築するためのコネクター

 「Azure AD Connect」は、オンプレミスのWindows Serverの「Active Directory(AD)」のフォレスト/ドメインと、「Azure Active Directory(Azure AD)」のサービスを双方向で同期し、ハイブリッドなID基盤を構築するためのコネクターソフトウェアです。

 ハイブリッドID基盤を構築すると、オンプレミスとクラウドのID管理の統合(IDとパスワードの同期など)やオンプレミスのWindowsと「Microsoft 365」などのクラウドアプリのシングルサインオン(SSO)、多要素認証、Windows Hello for Business認証、クラウドベースのID保護機能(Azure AD Identity Protectionなど)を利用できるようになります。

 Microsoftは2015年6月にAzure AD Connectの最初のバージョンを一般提供し、バグ修正や新機能追加のために更新バージョンを提供してきました。現時点では、これまでリリースされた全てのバージョンがサポートされていますが、2024年4月1日以降、2018年5月1日以前にリリースされたバージョン「1.1.751.0」以前のサポートを終了することが予告されています。また、後述するように、2022年6月以降、旧バージョンの一部のコンポーネントがサポートされなくなる点にも注意が必要です。

 2021年7月20日にリリースされた「Azure AD Connect v2.0(2.0.3.0)」は、Azure AD Connectの新しいメジャーバージョンです(画面1)。

画面1 画面1 オンプレミスのADとAzure ADのハイブリッドID基盤の構築に必要なAzure AD Connectがv2.0に

Azure AD Connect v2.0にはWindows Server 2016以降が必須

 Azure AD Connectの前バージョンのインストーラーは提供されていないため、新規導入する場合は、最新バージョン(V2.0)を使用する必要があります。ただし、Azure AD Connect v2.0は、従来のバージョン(以下、Azure AD Connect v1.x)から大きな変更点が幾つかあるため注意が必要です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。