連載
» 2021年08月25日 05時00分 公開

Windows 10の「機能更新プログラム(有効化パッケージ)」の秘密を暴くその知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(192)

2021年後半、Windows 11と同時期に、Windows 10の機能更新プログラム「バージョン21H2」のリリースが予定されています。大規模なアップグレードだったWindows 10 バージョン2004に対し、Windows 10 バージョン20H2、バージョン21H1と小規模なアップデートが続きましたが、次のバージョン21H2も小規模なアップデートになるようです。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

Windowsにまつわる都市伝説

有効化パッケージによる、必要なパッケージは既にローカルに存在する

 Windows Updateで「Windows 10」を更新している場合、最新の「バージョン21H1(May 2021 Update)」は現在、「更新プログラムのチェック」をクリックした一部の先進ユーザー(Seeker)に対して提供されています。しかし、「更新プログラムのチェック」をクリックした全てのユーザーに対して提供されるわけではありません。その対象は段階的に拡大されています(画面1)。

画面1 画面1 Windows 10 バージョン21H1の機能更新プログラムは、「更新プログラムのチェック」をクリックした先進ユーザーに提供され、その範囲は段階的に広げられる。つまり、「更新プログラムのチェック」をクリックした全てのユーザーに必ず案内されるわけではない

 Windows 10はWindows 10 バージョン1903(May 2019 Update)以降、正式リリース直後は「更新プログラムのチェック」をクリックしたユーザーに対して、機能更新プログラムが利用可能であることが案内され、ユーザーからの明示的な指示(「今すぐダウンロードしてインストールする」や「ダウンロードしてインストール」のクリック)がなければ自動的に更新されることはなくなりました。

 Windows 10 バージョン1903に対してバージョン1909は、小規模なアップデートとして毎月の品質更新プログラムと同じような方法で、最小限のダウンロードと短時間のインストールでバージョンアップができました。これには小さな「有効化パッケージ(Enablement Package)」が使用されます。

 Windows 10 バージョン2004は大規模なアップグレードとして、従来の機能更新プログラムと同じアップグレードインストールが行われました。そして、Windows 10 バージョン20H1とバージョン21H1は、Windows 10 バージョン2004以降に対して有効化パッケージによる小規模なアップデートでした(画面2)。次のWindows 10 バージョン21H2も、Windows 10 バージョン2004以降に対する有効化パッケージによる小規模なアップデートになる予定です。

画面1 画面1 Windows 10 バージョン2004以降をWindows UpdateでWindows 10 バージョン20H2以降にアップデートした場合、非常に小さな有効化パッケージ(Enablement Package)が使用される

 非常にサイズの小さい有効化パッケージ(21H2の有効化パッケージは23KB程度)は、機能更新プログラムとは全く異なります。有効化パッケージの中に、Windows 10の新バージョンのコンポーネントは全く含まれていないと思います(ただし、Windows 10 バージョン20H2のときは、Chromium版「Microsoft Edge」のインストーラーが含まれる関係で80MB程度のサイズでした)。

 有効化パッケージでアップデート可能な対象のWindows 10には、Windows 10の新バージョンが正式にリリースされるまでの品質更新プログラムで、既に新バージョンの新機能が“非アクティブな状態で追加済み”となっており、有効化パッケージはそれをアクティブ化しているのです。

実証、機能更新プログラムのインストールなしでバージョン20H2を21H1にしてみた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。