ITmedia DX
ニュース
» 2021年09月02日 12時45分 公開

デジタル競争の敗者となる「低位安定の関係」とは何か 経済産業省が「DXレポート2.1」を公表デジタル産業を構成する「4つの企業類型」

経済産業省は、「DXレポート2.1(DXレポート2追補版)」を公表した。2020年12月に公表された「DXレポート2(中間取りまとめ)」を補完するもので、デジタルトランスフォーメーション(DX)後の産業の姿やその中での企業の姿を示しているという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 経済産業省は2021年8月31日、「DXレポート2.1(DXレポート2追補版)」(以下、DXレポート2.1)を公表した。

画像 デジタル産業の姿と企業変革の方向性(出典:経済産業省

 DXレポート2.1は、2020年12月に公表された「DXレポート2(中間取りまとめ)」を補完するもの。デジタルトランスフォーメーション(DX)後の産業の姿やその中での企業の姿を示すとともに、既存産業の企業がデジタル産業の企業への変革を加速させるための政策の方向性を取りまとめている。

「委託と受託の関係」はWin-Winではない

 DXレポート2.1は、ユーザー企業とベンダー企業の「変革に向けたジレンマ」について指摘している。

 既存産業において、ユーザー企業は委託によってコストを削減し、ベンダー企業は受託によって低リスクで安定したビジネスというメリットを享受している。ユーザー企業とベンダー企業の間には、一見Win-Winの関係があるように見えるが、デジタル時代では両者とも必要な能力を獲得できず、実際には「デジタル競争の敗者」となる低位安定の関係性になっているという。

 こうした点を踏まえてDXレポート2.1はデジタル産業の姿と企業変革の方向性を示している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。