連載
» 2021年11月11日 05時00分 公開

Windows 11/Windows Server 2022に対応した「Windows Admin Center 2110」がリリースMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(160)

Microsoftは2021年11月2日(米国時間)、「Windows Admin Center(WAC)」の最新のメジャーバージョン「WAC 2110」のリリースを発表しました。Windows Server 2022、Azure Stack HCI 21H2、Windows 11のリリース後に登場したWAC 2110は、当然、これらの最新OSに対応しています。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

最新OS対応の「Windows Admin Center 2110」

 「Windows Admin Center(WAC)」は、Windows Serverや「Windows 10」「Microsoft Azure」、そして2020年末からは「Azure Stack HCI」の構成と管理に対応したWebベースの統合サーバ/クラスタ管理ツールです。

 「Project Honolulu」として開発が進められ、2018年春に最初のバージョン「WAC 1803」がリリースされて以降、おおむね半年ごとにメジャーバージョンがリリースされ、品質改善や機能強化が行われてきました。最新の「WAC 2110」は、「Windows Server 2022」、Azure Stack HCI 21H2、「Windows 11」がリリース後の初めてのメジャーリリースであり、これらのOS環境へのインストールと、これらのサーバ/クラスタ管理に正式に対応します。

 既にWAC 1803.2を利用中であれば、WAC 2110が利用可能になったことを検出して、2週間後に自動更新でアップグレードするようにスケジューリングされます(画面1)。「設定」の「更新」から「今すぐインストール」を選択して「更新プログラムのインストール」をクリックすることで、すぐにアップグレードを開始することもできます。

画面1 画面1 WAC 1803.2を利用中の場合は、2週間後の自動アップグレードがスケジューリングされる。すぐにアップグレードすることも可能

 なお、WACの新バージョンがリリースされると、1つ前のバージョン(今回は1803.2)は30日後にサポートされなくなることに注意してください。少なくとも2021年11月中にアップグレードを済ませましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。