連載
» 2021年11月16日 05時00分 公開

「Microsoft Edge」のリリースサイクル短縮と新しい拡張安定版チャネルが開始、企業への影響は?企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(112)

Microsoftはこれまで、Chromium版Microsoft Edge安定版のメジャーバージョンを「6週間ごと」のサイクルでリリースしてきました。今後はそのサイクルを「4週間ごと」に短縮し、新たに「8週間ごと」の拡張安定版の提供を開始します。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

安定版Edgeのリリースは「6週間ごと」から「4週間ごと」に

 「Microsoft Edge」の安定版(Stable)のリリースサイクルは、Chromiumエンジンのリリースサイクルに従います。Chromiumエンジンのリリースサイクルはこれまで「6週間ごと」でしたが、2021年9月第4週にリリースされたバージョン94からは「4週間ごと」に短縮されました。これに伴い、Microsoft Edgeのリリースサイクルもバージョン94以降は「4週間ごと」に短縮されます。

 企業が標準利用のブラウザとしてMicrosoft Edgeを採用している場合、メジャーバージョンアップの新機能や変更点が、利用しているWebアプリやサービスに影響する可能性はゼロではありません(エラーが発生する、アクセスできなくなる、など)。

 4週間ごとに行われることになる何らかの変更や更新は、安定的な業務運用を望む企業にとっては歓迎できないものでしょう。例えば、Microsoft Edgeの「ポリシー管理用テンプレート」は、メジャーバージョンごとに更新されるため、その都度、入れ替える必要があります。

 そうした企業向けにChromiumおよびMicrosoft Edgeは、リリースサイクルの短縮に合わせて、新たに「8週間ごと」にリリースされる「拡張安定版(Extended Stable)」チャネルを用意しました。

 拡張安定版はバージョン94から始まり、8週間ごとに新しいメジャーバージョンを受け取る新しいオプションです。簡単に言うと、拡張安定版は“安定版の偶数バージョンのみを受け取るオプション”であり、安定版が奇数バージョンのプログラム更新(セキュリティ更新やバグ修正)を受け取っている間も、引き続き1つ前の偶数バージョンの更新プログラムを受け取ります(図1)。

図1 図1 安定版と拡張安定版のメジャーバージョンのリリースサイクル

拡張安定版は管理された企業向け

 Microsoft Edgeの拡張安定版チャネルの選択は、他の更新設定(インターネットからの更新の禁止など)と同様に、Active DirectoryドメインまたはAzure Active Directory(Azure AD)ドメインに参加するデバイスでのみサポートされる設定です。更新設定は、グループポリシーや「Microsoft Intune」「Microsoft Endpoint Configuration Manager」で構成できます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。