連載
» 2022年01月07日 05時00分 公開

Windows 11の初期設定では不可避の[Windowsツール]フォルダを素早く開くTech TIPS

Windows 11では、これまで[スタート]メニューの「管理ツール」や「システムツール」にあったツール類が、全て[Windowsツール]フォルダにまとめられた。ツールを起動するには、[Windowsツール]フォルダを開く必要があり、意外と面倒になっている。そこで、この[Windowsツール]フォルダを素早く開く方法や設定を紹介しよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 11


[Windowsツール]フォルダには設定に必要なツール類がいっぱい [Windowsツール]フォルダには設定に必要なツール類がいっぱい
Windows 10では、[スタート]メニューの「Windows管理ツール」や「Windowsシステムツール」の下にあった各種ツールが、Windows 11では全て[Windowsツール]フォルダ内にまとめられた。このフォルダを開けば、ツール類が見つかるので便利になったものの、このフォルダ自体を開くのが面倒になっている。そこで、この[Windowsツール]フォルダを素早く開く方法や設定を紹介する。

 Windows 10では、[スタート]メニューの「Windows管理ツール」や「Windowsシステムツール」の下にあった各種ツールが、Windows 11では全て[Windowsツール]フォルダ内に移動となった。そのため、[スタート]メニューの[すべてのアプリ]から直接ツールを起動できなくなっている。どのようなツールが、[Windowsツール]フォルダにあるのかも、フォルダを開かないとならないため、見通しが悪くなっている。

 [Windowsツール]フォルダ内にあるツールは、「ほとんどのユーザーが使うことのない機能である」というMicrosoftの判断なのかもしれない。だが、Windows 11の設定を行う上で、非常に使いにくいものとなっている。

 そこで、本Tech TIPSではこの[Windowsツール]フォルダをデスクトップに配置したり、[スタート]メニューやタスクバーにピン留めしたりして、素早く開けるようにする方法などを紹介する。

[スタート]メニューからたどって[Windowsツール]フォルダを開く

 何も設定しないと、[スタート]メニューからたどって[Windowsツール]フォルダを開くことになる。[スタート]メニューを開き、左上の[すべてのアプリ]ボタンをクリックして、[すべてのアプリ]メニューに切り替え、ここの「W」欄で[Windowsツール]を選択する。

 [Windowsツール]フォルダが開くので、ここで必要なツールを探して、ダブルクリックして起動することになる。

[スタート]メニューからたどって[Windowsツール]フォルダを開く(1) [スタート]メニューからたどって[Windowsツール]フォルダを開く(1)
タスクバーにある[スタート]ボタンをクリックし、[スタート]メニューを開く。最初の画面には、「ピン留め済み」欄と「おすすめ」欄のみで、デフォルトの設定ではここに[Windowsツール]フォルダへのリンクは存在しない。そこで、「ピン留め済み」欄の右側にある[すべてのアプリ]ボタンをクリックする。
[スタート]メニューからたどって[Windowsツール]フォルダを開く(2) [スタート]メニューからたどって[Windowsツール]フォルダを開く(2)
[すべてのアプリ]画面に切り替えたら、「W」欄の[Windowsツール]を選択する。
[スタート]メニューからたどって[Windowsツール]フォルダを開く(3) [スタート]メニューからたどって[Windowsツール]フォルダを開く(3)
[Windowsツール]フォルダが開くので、ここで起動したいツールのアイコンをダブルクリックすればよい。

検索機能を使って[Windowsツール]フォルダを開く

 タスクバーの[検索]ボタンをクリックし、[検索]ウィンドウを開く。入力ボックスに「ツール」もしくは「Windowsツール」と入力すると、「最も一致する検索結果」に「Windowsツール」が表示されるはずだ(入力途中で表示されたら入力を止めること)。この状態で[Enter]キーを押すか、右ペインで[開く]を選択すればよい。

検索機能を使って[Windowsツール]フォルダを開く 検索機能を使って[Windowsツール]フォルダを開く
タスクバーの[検索]ボタンをクリックし、[検索]画面を開く。入力ボックスに「ツール」と入力すると、「最も一致する検索結果」に「Windowsツール」が表示される。この状態で[Enter]キーを押すと、[Windowsツール]フォルダが開く。

 もっとも、検索機能を使うのであれば、起動したいツール名を入力して、直接ツールを起動した方が早いだろう。

コマンドで[Windowsツール]フォルダを開く

 キーボード入力が苦手でないのであれば、コマンドを使って[Windowsツール]フォルダを開く方法もある。[Windows]+[R]キーで[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開き、「control admintools」と入力して、[Enter]キーを押せばよい。

コマンドで[Windowsツール]フォルダを開く コマンドで[Windowsツール]フォルダを開く
[Windows]+[R]キーで[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開き、「control admintools」と入力して、[Enter]キーを押せば、[Windowsツール]フォルダを開くことができる。

 このコマンドは、エクスプローラーのアドレスバーやWindowsターミナル(PowerShell、コマンドプロンプトともに可能)などでも実行可能だ。

[Windowsツール]フォルダのショートカットをデスクトップに置く

 [Windowsツール]フォルダ内のツールをよく利用するのであれば、デスクトップに[Windowsツール]フォルダのショートカットを置いておくことで、素早く開くことができるようになる。

 それには、[スタート]メニューを開き、[すべてのアプリ]画面に切り替えて、「W」欄の[Windowsツール]をデスクトップにドラッグ&ドロップすればよい。デスクトップに[Windowsツール]フォルダのショートカットが作成される。このショートカットをダブルクリックすれば、[Windowsツール]フォルダを開くことができるようになる。

[Windowsツール]フォルダのショートカットをデスクトップに置く(1) [Windowsツール]フォルダのショートカットをデスクトップに置く(1)
[スタート]メニューを開き、[すべてのアプリ]画面に切り替えて、「W」欄の[Windowsツール]をデスクトップにドラッグ&ドロップする。
[Windowsツール]フォルダのショートカットをデスクトップに置く(2) [Windowsツール]フォルダのショートカットをデスクトップに置く(2)
デスクトップに[Windowsツール]フォルダのショートカットが置かれるので、これをクリックすると、[Windowsツール]フォルダを開くことができる。

 [Windowsツール]フォルダのショートカットが不要になったならば、ショートカット自体を削除すればよい。

[Windowsツール]フォルダを[スタート]メニューやタスクバーにピン留めする

 デスクトップではなく、[スタート]メニューの「ピン留め済み」欄やタスクバーにピン留めしてもよい。これらにピン留めする方法は幾つかある。なお、[スタート]メニューの「ピン留め済み」欄にピン留めした[Windowsツール]アイコンの位置を変更する方法は、Tech TIPS「Windows 11のスタートメニュー、ちょっと使いにくいと感じたら試したい7つの設定」を参照してほしい。

「Windowsツール」を検索してピン留めを行う

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。