連載
» 2022年01月27日 05時00分 公開

Azure Kubernetes ServiceのWindows Serverノードで「containerd」が正式にサポートMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(163)

Microsoftは2022年1月20日、2021年5月からプレビュー提供していたWindowsノードプールにおける「containerd」のサポートの一般提供開始を発表しました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

コンテナランタイムはDockerからcontainerdへ

 「containerd」は、OCI(Open Container Initiative)準拠のオープンソースのコンテナランタイムであり、従来の「Docker」(現在の「Mirantis Container Runtime」)に代わる、コンテナ技術の最新の業界標準です。

 同じく業界標準であるコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes(K8s)」は、早くからcontainerdへの対応とサポートが行われてきました(Linuxコンテナ向けに先行的に)。「Azure Kubernetes Service(AKS)」も同様です。

 Microsoftは2021年5月から、K8s 1.20以降を使用している「Windows Server 2019」のノードプールにおいて、containerdのサポートをプレビュー機能として提供してきました。AKSのWindowsノードプールは、Windowsコンテナをデプロイして実行するための専用のもので、AKSが利用可能な全てのリージョン(日本を含む)でサポートされます。

 今回、このcontainerdのサポートがGA(一般提供開始)となったことが発表されました。システム要件に変更はなく、K8s 1.20以降のWindows Server 2019ノードプールで、運用環境のワークロードを実行するために正式に利用できます。

 containerdは既にGAになりましたが、現状、K8s 1.20以降であっても、Windows Server 2019のノードプールを作成すると、既定でDockerがランタイムとして選択されます。

 containerdのノードプールを作成するには、以下のドキュメントで説明されているように、ノードプール作成時に「--aks-custom-headers WindowsContainerRuntime=containerd」を明示的に指定する必要があります(画面1画面2)。また、現時点では、事前に「az extension add --name aks-preview」の実行が必要でした。

画面1 画面1 AKSのWindowsノードプールの作成時にcontainerdを明示的に指定する
画面2 画面2 containerdのコンテナランタイムで稼働する、Windowsコンテナ専用のWindows Server 2019のノードプール

 なお、K8s 1.23以降(現在、AKSではプレビュー提供中。2022年2月にAKSでGA予定)は、Linuxノードプールと同様、Windowsノードプールでもcontainerdのみがランタイムとしてサポートされます。つまり、今後、AKSにおけるWindowsコンテナのサポートは、containerdのみになるということです。

Mirantis Container Runtime/Dockerの商用利用は有償サブスクリプションに

 Windows Serverがコンテナ技術に初めて対応した「Windows Server 2016」では、「Docker Enterprise(Docker EE)」のライセンス(使用権)とサポート(Microsoftが窓口)がWindows Serverに付属する形で提供されました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。