ニュース
» 2022年02月10日 08時00分 公開

リアルタイムな意思決定には「予測可能な情報」が重要 インフォアジャパンが2022年のテクノロジーを予測「EAP」にも注目

インフォアジャパンは「2022年のテクノロジーに関する予測」を発表した。「EAPによってコンポーザビリティはビジネスプロセスレベルにまで拡大する」「ビジネスプロセス定義やAI、インテリジェンスが購買判断に定着し始める」など5項目を挙げた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 インフォアジャパンは2022年2月8日、「2022年のテクノロジーに関する予測」として以下の5項目を発表した。

画像 インフォアジャパンのWebページから引用

コンポーザビリティがビジネスプロセスレベルに拡大

 コンポーザビリティとは「複数の要素を結合し、構成したり組み立てたりする能力」のこと。インフォアジャパンは「『ERP』(Enterprise Resources Planning)システムが『EAP』(Enterprise Application Platform)に進化することで、クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境でコンポーザビリティを利用できるようになる」と予測している。

 アプリケーションでの利用にとどまらず、ビジネスプロセスのレベルでもコンポーザビリティを利用できるため、「ユーザーは自身のニーズに合わせて独自のプロセスやエクスペリエンスを構築したいと考えるようになる」という。

「AI」(人工知能)、「インテリジェンス」が購買判断に定着し始める

 「ユーザーは、複数のビジネスのやりとりを1つのシステムで柔軟に定義できるような方法を求めている」とインフォアジャパンは指摘する。

 そのため、「企業はEAPの導入を進め、ユーザーのニーズに合わせて、ビジネスプロセスを柔軟に組み立てられるようになる」とインフォアジャパンは予測している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。