連載
» 2022年03月01日 05時00分 公開

[解決!Python]OpenPyXLで面グラフをExcelワークシートに作成するには解決!Python

OpenPyXLでExcelワークシートに面グラフや3D面グラフを作成したり、グラフの種類を積み上げ面グラフ/100%積み上げ面グラフに変更したりする方法を紹介する。

[かわさきしんじ,Deep Insider編集部]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「解決!Python」のインデックス

連載目次

面グラフ

from openpyxl import Workbook

wb = Workbook()
ws = wb.active

values = [
    ('YEAR', 'A', 'B', 'C'),
    (2018, 750, 500, 300),
    (2019, 850, 700, 400),
    (2020, 700, 650, 500),
    (2021, 900, 800, 400)
]

for v in values:
    ws.append(v)

from openpyxl.chart import AreaChart, Reference

rmin = ws.min_row
rmax = ws.max_row
cmin = ws.min_column
cmax = ws.max_column

chart = AreaChart()
src = Reference(ws, min_col=cmin+1, min_row=rmin, max_col=cmax, max_row=rmax)
chart.add_data(src, titles_from_data=True)
cat = Reference(ws, min_col=cmin, min_row=rmin+1, max_row=rmax)  # 項目名の設定
chart.set_categories(cat)
chart.title = 'Sample Chart'  # グラフタイトル
chart.x_axis.title = 'YEAR'  # 軸ラベル
chart.y_axis.title = 'SALES'
chart.anchor = 'A7'  # グラフの表示位置
chart.width = 16  # グラフのサイズ
chart.height = 8

ws.add_chart(chart)
wb.save('sample_chart.xlsx')

# グラフのスタイルの変更
chart.grouping = 'stacked'  # 積み上げ面グラフ
chart.grouping = 'percentStacked'  # 100%積み上げ面グラフ


3D面グラフ

from openpyxl.chart import AreaChart3D

chart = AreaChart3D()
src = Reference(ws, min_col=cmin+1, min_row=rmin, max_col=cmax, max_row=rmax)
chart.add_data(src, titles_from_data=True)
cat = Reference(ws, min_col=cmin, min_row=rmin+1, max_row=rmax)  # 項目名の設定
chart.set_categories(cat)

chart.title = 'Sample Chart'  # グラフタイトル
chart.x_axis.title = 'YEAR'  # 軸ラベル
chart.y_axis.title = 'SALES'
chart.anchor = 'A24'  # グラフの表示位置
chart.width = 16  # グラフのサイズ
chart.height = 8
ws.add_chart(chart)
wb.save('sample_chart.xlsx')

# 3次元面グラフでは第3軸のラベルが凡例と同じなので凡例を削除
chart.legend = None

# 系列の順序を入れ替える
chart.ser[0], chart.ser[2] = chart.ser[2], chart.ser[0]
wb.save('sample_chart.xlsx')


サンプルのワークシート

 本稿では主に以下のコードで作成したワークシートを例に取る。

from openpyxl import Workbook

wb = Workbook()
ws = wb.active

values = [
    ('YEAR', 'A', 'B', 'C'),
    (2018, 750, 500, 300),
    (2019, 850, 700, 400),
    (2020, 700, 650, 500),
    (2021, 900, 800, 400)
]

for v in values:
    ws.append(v)


 このコードを実行してできたワークシートをExcelで表示したものが以下だ。

サンプルのワークシート サンプルのワークシート

面グラフの作成

 OpenPyXLを使って面グラフを作成するには、openpyxl.chart.AreaChartクラスを使用する。その手順は以下の通り。

  • Referenceクラスを使って、グラフ作成の基となる範囲を指定する
  • AreaChartクラスのインスタンス(グラフ)を生成する
  • グラフのタイトル、軸ラベル、項目名などの設定を行う
  • グラフにデータ(上で作成したReferenceクラスのインスタンス)を渡す
  • ワークシートにグラフを挿入する

 面グラフ(AreaChart)で設定できる項目としては以下がある(一部)。

属性 説明
title属性 グラフのタイトル
x_axis.title属性 X軸のラベル
y_axis.title属性 Y軸のラベル
anchor属性 ワークシート上での表示位置(左上)
width属性 グラフの横幅
height属性 グラフの高さ
grouping属性 グラフの種類
style属性 グラフのスタイル
set_categoriesメソッド X軸の項目名の設定
AreaChartで設定できる項目(一部)

 以下にこれらの設定を行って、面グラフを作成する例を示す。

from openpyxl.chart import AreaChart, Reference

rmin = ws.min_row
rmax = ws.max_row
cmin = ws.min_column
cmax = ws.max_column

chart = AreaChart()
src = Reference(ws, min_col=cmin+1, min_row=rmin, max_col=cmax, max_row=rmax)
chart.add_data(src, titles_from_data=True)
cat = Reference(ws, min_col=cmin, min_row=rmin+1, max_row=rmax)  # 項目名の設定
chart.set_categories(cat)
chart.title = 'Sample Chart'  # グラフタイトル
chart.x_axis.title = 'YEAR'  # 軸ラベル
chart.y_axis.title = 'SALES'
chart.anchor = 'A7'  # グラフの表示位置
chart.width = 16  # グラフのサイズ
chart.height = 8

ws.add_chart(chart)
wb.save('sample_chart.xlsx')

AreaChartで設定可能な項目

 title属性やanchor属性など、多くの属性については上のコードを見れば、設定方法は分かるだろう(「OpenPyXLを使ってExcelワークシートに棒グラフを作成するには」でも取り上げているのでそちらも参照されたい)。

 上のコードでは、変数srcにグラフ描画の基となるセル範囲を指定している。このとき、セル範囲の一番左の列を除外している(src = Reference(ws, min_col=cmin+1, min_row=rmin, max_col=cmax, max_row=rmax))。これは一番左の列をX軸に表示する項目名(2018〜2021年)として使用するからだ。そして、変数catには今述べた一番左の列をReferenceクラスのインスタンスに指定して、それをset_categoriesメソッドに渡すようにしている。

 一方、系列や凡例に使われるA/B/Cは変数srcが参照するセル範囲に含まれている。これは、add_dataメソッドでこのセル範囲をグラフ(変数chartが参照するAreaChartオブジェクト)に追加する際に「titles_from_data=True」として、セル範囲の先頭を系列名として使用するようにしているからだ。

 上のコードで作成した面グラフを以下に示す。

作成した面グラフ 作成した面グラフ

グラフの種類を変更する

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。