ニュース
» 2022年03月11日 08時00分 公開

ITエンジニアを採用している企業の9割がテレワークを導入 レバテックがテレワークに関する調査結果を発表週5日以上の「フルリモート」は4割

レバテックは、ITエンジニアのテレワーク事情に関する調査結果を発表した。エンジニアを採用している企業のうちテレワークを導入している割合は9割を超えていることが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 レバテックは2022年3月10日、ITエンジニアのリモートワーク(テレワーク)事情に関する調査結果を発表した。それによると、ITエンジニアを採用している企業のうちテレワークを導入している割合は9割を超え、週5日以上テレワークをしている「フルリモート」の割合は40.3%だった。

画像 社会人エンジニアのテレワーク実地頻度(提供:レバテック

 この調査は、エンジニアとエンジニアを中途採用している企業の採用担当者を対象に実施し、それぞれ、300人と296人から有効回答を得た。

テレワークを導入しない企業は何を懸念している?

 業態別で見ると、コンサルティング企業が最も高く、70.0%。次いでSIer(46.6%)、自社開発企業(45.6%)が続いた。これに対してテレワークを実施していないITエンジニアが多い業態は、受託開発(31.7%)、SES・派遣(31.3%)、自社開発企業(29.8%)だった。

 一方、ITエンジニアを採用している企業のうち「テレワークを導入していない」と回答した企業の割合はわずか6.4%だった。

 テレワークを導入する理由で最も多かったのは「感染予防のため」で90.6%(複数回答、以下同)。次いで、「通勤時間の短縮ができるから」(29.2%)、「リモートで完結する業務内容だから」(16.6%)が続いた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。