ニュース
» 2022年03月04日 08時00分 公開

CAMELORSが「リモートテック カオスマップ2022年度版」を公開「勤怠管理や電子契約などのツールと連携することで活用シーンが増加」

CAMELORSは「リモートテック カオスマップ2022年度版」を公開した。テレワークに役立つ「オンライン展示会」「バーチャルオフィスツール」「リモート接客」など657のサービスを74のカテゴリーにまとめた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 CAMELORSは2022年3月2日、「リモートテック カオスマップ2022年度版」を公開した。テレワークに役立つ、657のサービスを74のカテゴリーにまとめた。

画像 リモートテックカオスマップ2022年度版(提供:CAMELORS

 CAMELORSは、カオスマップ作成の背景を次のように説明する。

 「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でテレワークの実施率は上がっているが、テレワークにデメリットを感じている企業はある。コミュニケーションの課題だけでなく、顧客獲得や顧客対応が困難になる、生産性が下がるなどの課題もある。そうした課題を解決できるサービスの情報を提供することでさまざまな企業の成長を支援したい」

 同社はカオスマップを作成したことで、3つの傾向が見えたとしている。

オンライン展示会サービスが急増している

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて、オフラインでの展示会の開催が難しくなったことで、急速に需要が高まっており、今後のデジタルマーケティング施策の一つとしても注目されているという。

バーチャルオフィスツールが増えている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。