連載
» 2022年04月08日 05時00分 公開

クラスの型にまつわるあれこれ(3)〜クラスにおける特殊なthisと抽象クラスとstatic〜TypeScriptのTypeあれこれシリーズ(7)

altJS、すなわちJavaScriptの代わりとなる言語の筆頭である「TypeScript」。TypeScriptという言語名が示す通り、JavaScriptに「Type」、つまり型の概念を持ち込んだものです。本連載では、このTypeScriptの型に関して、さまざまな方向から紹介していきます。前回は、クラスの型に関するあれこれを紹介する第2回として、クラスの継承や、クラスをnewしたオブジェクトそのものの型について紹介しました。今回は、クラスの型に関するあれこれを紹介する最後として、クラス内での特殊なthisの使い方、抽象クラス、staticを紹介します。

[齊藤新三(著)/山田祥寛(監修),WINGSプロジェクト]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「TypeScriptのTypeあれこれシリーズ」のインデックス

連載:TypeScriptのTypeあれこれシリーズ

クラス内での特殊なthisの使い方

 前回前々回で紹介したクラス構文内でのthisの使い方は、同じクラス内や親クラス内のフィールドやメソッドを利用する場合の「this.」という記述でした。今回は、このthisのクラス内での特殊な使い方から話を始めていきます。

thisの特殊な使い方まとめ

 クラス内でのthisの特殊な使い方は、以下の3種です。

  • メソッドの引数としてのthis
  • 戻り値としてのthis
  • メソッドの引数の型としてのthis

それぞれ順に見ていきます。

JavaScriptのthisの弊害

 最初に紹介するのが、メソッドの引数としてのthisです。ただし、この使い方を紹介する前に、なぜこのような使い方が必要なのか、その原因となるJavaScriptのthisの弊害について簡単に紹介します。JavaScriptのthisは使われる文脈に応じて、その内容がさまざまに変化してしまいます。TypeScriptでも、この性質は引き継がれざるを得ません。

 例えば、リスト1のNameHolderクラスがあるとします。

class NameHolder {
	private name: string = "名無し";  // (1)
	constructor(name: string) {
		this.name = name;
	}
	showMyName(): void {
		console.log(`お名前: ${this.name}`);  // (2)
	}
	showYourName(yourName: string): void {
		console.log(`私の名前は${this.name}で、あなたのお名前は${yourName}`);  // (3)
	}
}
const nameHolder = new NameHolder("田中太郎");  // (4)
nameHolder.showMyName();  // (5)
nameHolder.showYourName("鈴木二郎");  // (6)
リスト1

 このコードの実行結果は、リスト2の通りです。

お名前: 田中太郎
私の名前は田中太郎で、あなたのお名前は鈴木二郎
リスト2

 リスト1の(4)でNameHolderをnewする際に、「田中太郎」を引数で渡しており、これが、(1)のフィールドnameに格納されます。(2)も(3)もこのフィールドnameを表示させています。その際のコードであるthis.nameのthisはNameHolderオブジェクト自身を指し、従って「.name」のnameは(1)のフィールドを指しています。実行結果も、この通りの処理となり問題なく「田中太郎」と表示されています(図1)。

図1 メソッド内のthisはフィールドを指す

 ところが、このNameHolderをnewしたnameHolderを利用して、リスト3のコードを記述したとします。

const func1 = nameHolder.showMyName;  // (1)
func1();  // (2)
const func2 = nameHolder.showYourName;  // (3)
func2("鈴木二郎");  // (4)
リスト3

 このコードの実行結果は、リスト4の通りです。

お名前: undefined
私の名前はundefinedで、あなたのお名前は鈴木二郎
リスト4

 なぜ、undefinedとなるのでしょうか。この種明かしは図2の通りです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。