連載
» 2022年05月17日 05時00分 公開

デスクトップアプリとしてのIEのサポートが終了、WSUSへの影響は?企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(124)

Windows 10(Enterprise LTSCを除く)におけるデスクトップアプリとしての「Internet Explorer(IE)」のサポートが2022年6月15日に終了します。企業のIT利用環境、運用環境に与える影響について、調査と対策はお済みでしょうか。今回は、IEサポート終了の影響の一例として、WSUSの管理環境を取り上げます。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

定例外更新プログラムのWSUSへの直接インポートにIEが必須な理由

 毎月第2火曜日(米国時間)にリリースされる重要な更新プログラム(Windows Updateで自動配布される更新プログラム)は、通常の同期処理によって「Windows Server Update Services(WSUS)」に取り込まれます。

 しかし、オプションで提供される更新プログラム(累積更新プログラムのプレビューなど)については「Microsoft Updateカタログ」でのダウンロード提供のみとなります。また、定例外で緊急リリースされる更新プログラム(既にリリース済みの更新プログラムの問題修正などのため)についても、Microsoft Updateカタログでのダウンロード提供のみとなります。

 Microsoft Updateカタログでダウンロード提供される更新プログラムをクライアントにWSUSを通じて配布したい場合は、WSUS管理者が手動でWSUSにインポートすることができます。インポート操作は、WSUSの「Update Services」コンソール(wsus.msc)の「更新プログラム」ノードから「更新のインポート」を実行します。「更新のインポート」は既定のブラウザを起動して、Microsoft Updateカタログサイトを特別なURLを指定して開きます。

 「更新のインポート」は、ActiveXコントロールとして実装されており、初めて「Internet Explorer(IE)」でMicrosoft Updateカタログサイトを開いたときにインストールが求められます(画面1)。

画面1 画面1 「更新のインポート」は既定のブラウザ(Windows Server 2019以前はIE)でMicrosoft Updateカタログを開くと、初回にActiveXコントロールのインストールを要求する(Windows Server 2022日本語版では現状、「Update Services」コンソールがローカライズされていない)

 既定のブラウザが「Microsoft Edge」となった「Windows Server 2022」と、Microsoft Edgeをインストールした「Windows Server 2019」以前で既定のブラウザをIEからMicrosoft Edgeに変更している場合は、Microsoft EdgeによってMicrosoft Updateカタログサイトが開かれるため、WSUSへの直接インポート機能が利用できません(画面2)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。