連載
» 2022年05月20日 05時00分 公開

MicrosoftによるMirantis Container Runtimeのサポートは「2022年9月」に終了Microsoft Azure最新機能フォローアップ(171)

MicrosoftはWindows Server 2016でWindowsコンテナのサポートを開始し、コンテナランタイムとしてのDocker Enterprise Edition(現在のMirantis Container Runtime)のライセンスと、Microsoftによるサポートを提供してきました。このランタイムのMicrosoftによる提供とサポートは2022年9月末で終了し、Mirantisに完全に移管されます。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

WindowsコンテナのランタイムとしてのMCRは無料から有料サブスクへ

 「Windows Server 2016」でDocker対応のWindowsコンテナのサポートが提供されるのに合わせ、Microsoftは「Docker Enterprise Edition(Docker EE)」(その後、Docker Enterpriseに改称)の使用ライセンスと、Microsoftを窓口としたサポートを提供してきました。DockerのEnterprise部門が2019年末にMirantisに買収され、Mirantisの下でDocker Enterprise 3.1がリリースされましたが、その後、「Mirantis Container Runtime(MCR)」に名称変更されて、現在に至っています。

 その間も、MicrosoftによるWindows Server上でのMCRのサポートは提供され続けてきました。これには、MCRをWindows Serverに導入するための「DockerMsftProvider」APIの提供およびメンテナンスも含まれています(画面1)。ただし、2022年に入ってからリリースされたMCRの更新バージョンについては、現状、DockerMsftProviderは対応していません(Mirantis提供のinstall.ps1スクリプトで更新できます)。

画面1 画面1 Microsoftが提供するDockerMsftProviderにより、Windows ServerへのMCRの導入と更新が簡素化されるが、現在対応しているのは2021年末までにリリースされたバージョン(最新バージョンは2022年4月リリースのMCR 20.10.11)

 MicrosoftとMirantisは、2021年9月、WindowsコンテナのランタイムとしてのMCRのMicrosoftによるサポートを2022年9月末で終了し、Mirantisに移管することを発表しました。その期限が数カ月先に迫っています。

 Microsoftは、2022年10月以降、事前インストールされたMCRおよびDockerMsftProviderを含むWindows Server各バージョンの「with Containers」イメージ(Windows Server 2022 with Containersは未提供)の新しいイメージの公開を停止し、既存イメージも2023年3月末には削除する予定です(画面2)。既存のイメージを使用してデプロイされたWindows仮想マシンについては、2022年10月以降、MCRおよびDockerMsftProviderのMicrosoftによるサポートがなくなることに注意してください。

画面2 画面2 Windows Serverの「with Containers」イメージは、2022年10月以降、更新されたバージョンは提供されなくなり、2023年3月末には削除される。既に現在ある最新のイメージも、OSの品質更新は最新になっているが、MCRについては2021年末のバージョン20.10.9で止まっている

 2022年10月以降もオンプレミスまたはクラウド上でMCRの利用を継続するには、有料サブスクリプション(500米ドル/年のBASIC以上)を購入する必要があります。また、Mirantisにより作成されたイメージが、Azure Marketplaceで利用可能になる予定です(価格は未定)。

2022年10月以降もサポートが継続されるAzureのコンテナオプション

 Microsoftが2022年10月以降、Windowsコンテナのランタイムとしてサポートするのはオープンソースの「containerd」のみとなり、これに基づいたMicrosoft Azureのコンテナ対応の各種サービスではWindowsコンテナが引き続き正式にサポートされます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。