ニュース
» 2022年05月25日 08時00分 公開

正社員の6割は「副業を考えているがまだ何も動いていない」 レバレジーズがITエンジニアの副業に関する調査結果を発表フリーランスの半数は「既に副業をしている」

レバレジーズは、ITエンジニアやクリエイターを対象とした副業に関する調査結果を発表した。副業を希望する人の割合は66.7%。そのうち、既に副業をしている割合は35.5%、副業先を探している割合は24.6%だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 レバレジーズは2022年5月24日、ITエンジニアやクリエイターを対象とした副業に関する調査結果を発表した。この調査は、レバレジーズの子会社で、フリーランスITエンジニアのための案件紹介サービス「レバテックフリーランス」を運営するレバテックが、20〜39歳までのITエンジニアとクリエイターを対象に実施し、207人から有効回答を得た。

約7割のITエンジニアが副業を検討

 「休日や業務時間後などの空いている時間に副業をしたいと考えている」と回答したITエンジニアやクリエイターの割合は66.7%だった。雇用形態別に見ると、正社員が58.5%、フリーランスが75.2%だった。レバレジーズは「テレワークが一般化したことによって、副業のニーズが高まった」とみている。

画像 副業をしたいと思うかどうか(提供:レバジーズ

 副業をしたいと回答した人のうち「既に副業をしている人」は35.5%、「副業先を探している」は24.6%。既に副業をしている人を雇用形態別に見ると、正社員は16.1%、フリーランスは51.3%だった。レバレジーズは「正社員のうち副業先を探している人が25.8%を占めていることから、現在副業を認めていない企業は、今後の社員の定着や採用成功に向けて、副業を認めることが必要だ」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。