連載
» 2022年05月27日 05時00分 公開

2021年のDBMS市場の主要動向――クラウド化がキーワードにGartner Insights Pickup(258)

データベース管理システム(DBMS)市場の成長が加速している。その主要動向について説明しよう。

[Merv Adrian, Gartner]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Smarter with Gartner」と、ガートナー アナリストらのブログサイト「Gartner Blog Network」から、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップして翻訳。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

 Gartnerの発表によると、2021年もデータベース管理システム(DBMS)市場は近年の成長を継続しただけでなく、成長がさらに加速した。2021年のDBMSの世界売上高は800億ドルに迫り、前年比22.3%増(145億ドル増)という前例のない伸びを記録した(2020年の世界売上高も前年比19%増の大幅な伸びだった)。

 DBMS市場は2015年の減速を経て、6年連続で成長した。ここ5年は2桁成長を維持している。2017年には386億ドルだったDBMS市場規模は4年間で約400億ドル拡大し、2倍に達している。

 2021年もDBMS市場動向の最大の特徴は、クラウドへの売り上げのシフトによる大きなインパクトだった。2021年のマネージドクラウドサービス(dbPaaS)の売上高は392億ドルに増加し、DBMSの売上高全体の49%を超えた。マネージドクラウドサービスのこれまでの成長には目を見張るものがある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。