連載
» 2022年06月02日 05時00分 公開

Azureの新たなサーバレスのコンテナ実行環境、Azure Container Appsの一般提供開始Microsoft Azure最新機能フォローアップ(172)

Microsoft Ignite 2021で発表された「Azure Container Apps」サービスの一般提供が始まりました。これにより、Microsoft Azureにまた1つ、運用環境で利用可能なコンテナ(ただしLinuxコンテナ)対応のサービスが増えました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Linuxコンテナ対応のAzure Container Apps

 Microsoftは2022年5月24日(米国時間)、「Azure Container Apps(Azureコンテナアプリ)」サービスの一般提供を発表しました。このサービスは、2021年の「Microsoft Ignite 2021」で発表され、プレビュー提供されていた、新しいサーバレスのコンテナ対応サービスです(画面1)。

画面1 画面1 Azure Container Appsで実行されているクイックスタートアプリ「Simple hello world container」

 Microsoft Azureには既にサーバレスの「Azure Container Instances(ACI)」や「Azure App Service」、フルマネージドオーケストレーション環境の「Azure Kubernetes Service(AKS)」があります。これらは、LinuxコンテナとWindowsコンテナの両方に対応していますが(WindowsコンテナについてはベースOSイメージに制限あり)、Azure Container AppsはLinuxコンテナのみに対応しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。