連載
» 2022年06月07日 05時00分 公開

Azureのハイブリッド環境を低コストで入手可能に――シングルサーバ構成のAzure Stack HCIクラスタが正式サポートMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(173)

これまでAzure Stack HCIは、Azure Stack HCI認定ハードウェアを使用した、最小2ノード構成からサポートされていましたが、シングルノード構成が正式にサポートされました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

高可用性はないが、同等の機能をより低コストで

 Microsoftは2022年5月24日(米国時間)、Microsoft Azureのサービスとして提供されるオンプレミス向けハイパーコンバージドインフラ(HCI)「Azure Stack HCI」で、シングルノード構成を正式にサポートすることを発表しました。高可用性を要件としない、つまり、サーバの障害によるダウンタイムを許容できる場合に、Azureのハイブリッドコンピューティング環境を低コスト(ハードウェアの購入コストと、Azureに登録するコア数ベースの利用料金)で導入できる新しい導入形式になります。

 シングルサーバ構成のAzure Stack HCIクラスタは、サーバの障害への耐性は低く(記憶域スペースダイレクトによるディスク障害にのみ耐性があります)、マルチノードを必要とする機能(クラスタ対応更新や記憶域レプリカ、ストレッチクラスタ、ライブマイグレーションなど)は利用できません。

 仮想マシンを作成して実行するという基本的な機能の他、「Azure Arc」リソースブリッジによるAzureとのシームレスな統合(Azure Stack HCIをカスタムロケーションとしてAzureポータルから仮想マシンをデプロイして管理できる機能)、「Azure Kubernetes Service(AKS) on Azure Stack HCI」(ただし、シングルノード構成はプレビュー段階)、「Azure Virtual Desktop(AVD) on Azure Stack HCI」(マルチ/シングルともにプレビュー段階)、その他のAzureハイブリッド機能(「Azure Site Recovery」など)をマルチノードの通常のAzure Stack HCIクラスタと同じように機能します。

シングルノード構成のセットアップはマニュアルで

 Azure Stack HCIクラスタは、PowerShellによるマニュアル操作で構築する他、「Windows Admin Center(WAC)」の「Azure Stack HCIクラスターの展開」ウィザードを使用した簡素化された構築方法が用意されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。