ニュース
» 2022年07月05日 08時00分 公開

コロナ禍の転職は「やりがい」重視、副業は陰り? ウォンテッドリーが調査「2022年は副業に割ける時間が減っている」

ウォンテッドリーは、「コロナ禍の転職と副業に関する調査」の結果を発表した。転職時に最も重視する項目は「仕事内容のやりがい」、副業時に重視するのは「勤務形態の柔軟性」だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ウォンテッドリーは2022年6月30日、「コロナ禍の転職と副業に関する調査」の結果を発表した。それによると、転職時に「仕事内容のやりがい」を重視する人が最も多く、副業への意欲は前回(2021年10月)の調査よりも低下していた。

画像 直近の転職で重視したこと(提供:ウォンテッドリー

 この調査は、ウォンテッドリーが運営するビジネスSNS「Wantedly」のユーザーを対象に実施し、1456人から有効回答を得た。

どの職種も「やりがい」を重視

 直近の転職時に重視したことについて聞くと「仕事内容のやりがい」を挙げた人の割合が60%(複数回答、以下同)で最も高かった。次いで「自己成長性」が46%、「給与水準」が45%だった。職種別に見ても、転職時の重視項目のトップは「仕事内容のやりがい」だった。特に「経営企画」(81%)、「プロダクトマネジャー」(74%)、「デザイナー」(74%)で「仕事内容のやりがい」を挙げる人が多かった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。