ニュース
» 2022年07月20日 17時00分 公開

Googleが激推しする「セキュリティのシフトレフト」とは? 効果と方法を解説Google Cloudツールのユースケースもある

Googleはソフトウェア開発ライフサイクルにおけるセキュリティの「シフトレフト」が重要な理由を発表した。Google Cloud Platform上でシフトレフトを実現するユースケースも示した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2022年7月9日(米国時間)、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)におけるセキュリティの「シフトレフト」が重要な理由を発表した。加えて、同社のクラウドサービス「Google Cloud Platform」(GCP)で提供されているツールを活用し、シフトレフトとともに、SDLCを通じた自動テストを実現するユースケースも紹介した。

 SDLCにおけるセキュリティのシフトレフトは、ソフトウェア開発プロセスの早い段階(左側)でセキュリティを考慮することで、その後の本番環境(右側)におけるソフトウェア関連のセキュリティ不具合を減らそうとする取り組みを指す。

セキュリティのシフトレフトが重要な理由とは

 Google CloudのDevOps Research and Assessment(DORA)チームは、調査レポート「2016 State of DevOps Report」(2016年のDevOpsの現状調査報告)の中で、ほとんどのセキュリティテストとツールは、開発ライフサイクルを通じて継続的に使用されるのではなく、リリース後に使用されていることを明らかにした。

 セキュリティテストとツールのこうした使用状況は、コストや作業負担の増加につながっていた。テストで見つかった問題を修正するために、アーキテクチャの大きな変更や、追加の統合テストが必要になる場合があったからだ。

従来のテストパターン セキュリティ上の不具合(薄紫線)が作り込まれるフェーズ(本番環境と類似のテスト環境:staging)の後、リリース前までセキュリティチームがツールを使って修正する(青色線)ため、コスト(赤線)がリリース後に急上昇していた(提供:Google)

 セキュリティテストを開発フェーズで実行すると、セキュリティの不具合を早期に発見し、すぐに修正できる。その結果、本番稼働後の不具合が少なくなり、修正作業やアーキテクチャの変更も少なくなる。SDLCの早い段階でセキュリティを統合することで、セキュリティの不具合に加え、関連する修正コストが全体的に減少することを、次の図は示している。

シフトレフト後のセキュリティ状況 セキュリティ上の不具合が作り込まれるフェーズでツールを使ってすぐに修正するため、総コストを低減できる(提供:Google)

 DORAチームは、調査レポート「2021 State of DevOps Report」(2021年のDevOpsの現状調査報告)では、セキュリティをシフトレフトする必要性を訴えるとともに、SDLCを通じて、自動化されたテスト実行を提唱した。

 自動テストは開発者に追加のスキルや介入を必要とせず、開発コードを継続的にテストするのに便利だと、Googleは述べている。こうした自動テストにより、開発者は迅速なイテレーションを続けることができ、他のステークホルダーは、一般的な不具合が特定、修正されているという確信を持てるとしている。

Google Cloudでシフトレフトを実行する具体的な方法は?

 DORAチームが調査で得たコードのセキュリティに関する知見は、クラウドインフラのセキュリティにも適用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。