ニュース
» 2022年08月01日 08時00分 公開

エンジニアの年収、言語別トップはSwiftの469万円、SAMURAIが調査年収分布では400万円台が最も多い

SAMURAIは「エンジニアの年収実態調査」の結果を発表した。年収の分布を見ると、最も多かったのは「400万円以上500万円未満」で、29%を占めた。プログラミング言語別に平均年収を見ると、最も高いのは「Swift」の469万円だった。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 SAMURAIは2022年7月28日、「エンジニアの年収実態調査」の結果を発表した。プログラミング言語別に平均年収を見ると、最も高いのは「Swift」の469万円だった。

 今回の調査の対象は仕事マッチングサイト「クラウドワークス」に登録している現役エンジニアで、100人から有効回答を得た。

 年収の分布を見ると、最も多かったのは「400万円以上500万円未満」で、29%を占めた。次いで、「300万円以上400万円未満」が25%だった。なお、国税庁が発表した「令和2年分民間給与実態統計調査」によると、給与所得者の平均年収は433万円だった。

エンジニアの年収(提供:SAMURAI)

プログラミング言語ではPythonが2位

 プログラミング言語別に平均年収を見ると、トップはSwiftの469万円。次いで、Python(438万円)、Java(430万円)、PHP(402万円)、Ruby(396万円)だった。

プログラミング言語別の平均年収(提供:SAMURAI)

雇用形態や性別での差は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。