ニュース
» 2022年08月04日 08時00分 公開

ロシアとウクライナのサイバー情報戦、実際の勝者は? ラックが解説サイバー戦の「光と闇」とは

ラックは「CYBER GRID JOURNAL Vol.14」を公開した。「ウクライナ危機」に注目しており、ロシアと米国の争い、サイバー攻撃で標的となる人物などについて解説している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ラックは2022年8月2日、「CYBER GRID JOURNAL Vol.14」を公開した。これは、同社の研究開発部門「サイバー・グリッド・ジャパン」(CGJ)のナショナルセキュリティ研究所が発刊する、研究成果の最新報告書。ラックのWebサイトからダウンロードできる。

画像 『CYBER GRID JOURNAL Vol.14』(提供:ラック

ウクライナ危機における“情報戦の勝者”は誰か

 CYBER GRID JOURNAL Vol.14では、CGJの佐藤雅俊氏(ナショナルセキュリティ研究所長 公認情報システム監査人)と同研究所の上田篤盛氏(シニアコンサルタント)が、ウクライナ危機やロシアと米国の争い、サイバー攻撃で標的となる人物などについて解説している。さらに、慶応義塾大学総合政策学部の教授を務める廣瀬陽子氏と防衛省防衛研究所の八塚正晃氏の寄稿も掲載している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。