連載
» 2022年08月05日 05時00分 公開

Microsoftのクラウドサービスに接続できない場合、確実な情報を得る方法は?企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(130)

突然、Microsoft TeamsやMicrosoft 365、Microsoft Azureに接続できなくなったら、どうしますか。企業のシステム管理者やエンドユーザーは、第三者から情報ではなく、Microsoftの「サービスの正常性」を確認できる場所に最初にアクセスする方が確実です。今回は、Microsoft AzureとMicrosoft 365についてその方法を紹介します。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

Microsoftのクラウドで障害が発生! あなたならどうする?

 2022年7月21日午前10時半ごろに発生した「Microsoft Teams」の障害と、それに続く「Microsoft 365」の各種サービスのサービス低下は、完全に正常な状態に復旧するまでにしばらく時間がかかりました。在宅勤務者のテレワーク環境や、企業内/外でのメッセージのやりとり、情報共有などに、大きな影響を受けたところもあるでしょう。ニュースメディアでも取り上げられましたが、障害情報取得にSNSが有用だったというツイートを見ました。

 そうかもしれませんが、企業のシステム管理者やエンドユーザーは、第三者から情報を得るのではなく、サービスの正常性を確認できる場所に最初にアクセスする方が確実です。今回は、「Microsoft Azure」とMicrosoft 365についてその方法を紹介します。

Azureポータルで「サービス正常性」を確認する

 「Azureポータル」(https://portal.azure.com/)にサインインできる管理者(サブスクリプション所有者など)の場合は、「サービス正常性」ブレードを開きます(画面1)。

画面1 画面1 Azureポータルの「サービス正常性」ブレード

 ここでは、サービスの正常性の状態や発生中のインシデントを確認できます。また、フィルター条件を設定することで、使用しているリージョンやサービスに関連するものだけに絞り込むこともできます。

 Azure上のサービスやインスタンスを利用しているが、Azureポータルにサインインする権限を持っていない場合や、あるいは何らかの理由(サイトのダウン、ネットワーク障害など)でAzureポータルにアクセスできない場合は、この後で説明する別の方法を試します。

「Azureの状態」サイトにアクセスする

 Azureポータルにサインインできない場合は、「Azureの状態(Azure status)」サイト(https://status.azure.com/およびhttps://status2.azure.com/)にアクセスすることで、発生中の問題を確認できます(画面2)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。