FATメディアに1TB超のファイルを保存できる「BigFAT」仕様が公開特許による制限がなく、無償で使用できる

SEGGER Microcontrollerは標準的なFATメディアに4GBを超えるファイルを保存できる「BigFAT」仕様を公開した。

» 2022年09月09日 18時30分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ドイツのSEGGER Microcontroller(SEGGER)は2022年8月25日(ドイツ時間)、標準的なFAT(File Allocation Table)を用いるメディアで、4GBを超えるファイルを保存できる「BigFAT」仕様を公開した。この仕様は特許による制限がなく、支援ツールとともに自由に利用できる。

 FATは一般的なほぼ全てのOSでサポートされており、SDカードやUSBメモリなどのリムーバブルストレージをフォーマットするための業界標準規格だ。技術的にシンプルで、汎用(はんよう)性が高いため、組み込み機器が採用する中型マイクロコントローラーのように、計算能力や消費電力などリソース上の制約のあるデバイスで動作するアプリケーションでも魅力的だ。システム間でファイルを転送する際にも適している。

 だが、FATには短所がある。ファイルサイズの上限が4GBと小さいことだ。動画ファイルの保存や転送時、データベースの使用時には利用できない場合がある。

BigFATとは何か?

 SEGGERはBigFATでこの短所に対処した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。