エンジニアの副業事情、地方案件は6割が関心 その理由は?案件として多いのは「Webサイト制作」

レバレジーズは、副業をしているエンジニアの実態調査結果「地方での副業編」を発表した。現在は地方案件に参画していないエンジニアも約6割が関心を持っていることが分かった。

» 2022年09月28日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 レバレジーズは2022年9月27日、副業をしているエンジニア(300人)を対象に実施した実態調査の結果「地方での副業編」を発表した。それによると35%の人が副業として地方案件に携わっている(以下、地方副業)ことが分かった。なお、ここでいう「地方」とは「東京都以外の道府県」を指す。

画像 副業で地方案件に携わっているかどうか(提供:レバレジーズ

 地方副業をしている理由としては「副収入を得たいから」が最も多く、42.9%。次いで「スキルアップしたいから」(29.5%)、「地方貢献・創生したいから」(18.1%)などが続いた。地方副業の案件数は「1件」との回答が最も多く、55.2%を占めた。次いで、「2件」が30.5%、「3件」が13.3%だった。

地方副業で多いのは「Webサイト制作」

 案件の発注元(クライアント)については86.7%が「(地方の)企業」、残りの13.3%が「自治体など公的なもの」だった。参画者の65.7%が、自身の地元や出身地の案件だと回答した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。