ニュース
» 2022年11月08日 08時00分 公開

20歳代の転職者は「自己PRや志望理由を“盛る”べきか否か」で悩む 学情学情が転職に関する調査結果を発表

学情は、20歳代の社会人を対象に実施した転職に関する調査結果を発表した。転職に際して大変だと思うことでは、「自己PRや志望理由の作成」や「求人検索(応募したい企業を見つけること)」が上位に挙がった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 学情は2022年11月2日、転職に関する調査結果を発表した。それによると、転職または転職活動をしたことがある20歳代の社会人が最も大変だと思うことは「自己PRや志望理由の作成」ということが分かった。

画像 転職で大変だと思うこと(提供:学情

 この調査は学情が運営する20歳代専門の転職サイト「Re就活」とWebメディア「20代の働き方研究所」のサイト来訪者を対象に実施したもので、287人から有効回答を得た。

第二新卒はまず「書類作成」でつまずく?

 転職に際して大変だと思うことのトップ5は、「自己PRや志望理由の作成」(67.6%、複数回答、以下同)、「求人検索(応募したい企業を見つける)」(60.3%)、「履歴書・職務経歴書の作成」(55.1%)「応募した企業の情報収集」(45.3%)、「モチベーションの維持」(44.9%)だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。