ニュース
» 2022年11月10日 08時00分 公開

39%の企業が「出社している人の方が良いバックアップシステムを使える」と回答Arcserveが企業のバックアップに関する調査結果を発表

Arcserveは、バックアップに関する調査結果を発表した。それによると半数以上の企業がデータのバックアップについてテレワーク環境を考慮していないことが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Arcserve Japanは2022年11月9日、バックアップに関する調査結果を発表した。それによると、データのバックアップとリカバリーの計画について、リモートワーク(テレワーク)環境を考慮していない企業が多いことが分かった。

 この調査は、日本を含む世界11カ国の中堅中小企業(従業員数100〜2500人)のIT意思決定者(特にデータやストレージに関する意志決定をする人)を対象に実施し、1121人から有効回答を得た。対象国は日本、米国、カナダ、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア、ニュージーランド、インド、ブラジル、韓国。

「出社する人かどうか」でバックアップシステムに差をつける企業

 調査結果によると「テレワーカー全員にバックアップ/リカバリーシステムを導入している」と回答した人の割合は35%。「テレワーカーの一部にはバックアップ/リカバリーシステム導入の計画があるが、全員ではない」と回答した割合は39%だった。

画像 テレワーカー向けにバックアップ/リカバリーシステムを用意しているかどうか(提供:Arcserve Japan

 「遠隔地バックアップ」を採用している企業に同様の質問をしたところ、テレワーカーとオンサイトワーカー(オフィスに出社して働く人)で「導入しているバックアップ/リカバリーシステムに差はない」と回答した割合が最も高く、46%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。