日本で働く外国籍エンジニアが最も使っている言語の第2位は「Python」 第1位は?年収の中央値は950万円

TokyoDevは、日本に住む外国籍エンジニアを対象に実施した調査の結果を発表した。それによると外国籍エンジニアに最も使われているプログラミング言語は「JavaScript」だった。

» 2022年12月12日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 TokyoDevは2022年12月8日、「International Developers in Japan」の結果を発表した。この調査は、日本に住む外国籍エンジニアを対象に、給与や就労形態、使用しているプログラミング言語とフレームワークなどについて調べたもの。588人から有効回答を得た。

 なお対象者の国籍は、欧州が38%、北米が27%、アジアが24%、オセアニアが7%、南米が3%、アフリカが2%だった。

年収の中央値は950万円

 給与面を見ると、年収の中央値は950万円だった。これは2021年の調査と比べて100万円増加しているという。価格帯別に分布を見ると「600万〜799万円(¥6.0m-7.9m)」が最も多く23%を占めた。次いで「400万〜599万円(¥4.0m-5.9m)」と「800万〜999万円(¥8.0m-9.9m)」がどちらも15%。「2000万円以上(¥20.0m and over)」は13%だった。

画像 年収の分布(提供:TokyoDev

 勤務先別に年収の中央値を見ると、外資系企業の日本法人が1450万円、日本法人がない企業が1150万円、日本企業が750万円、個人事業主が700万円となっていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。